研究部局

がん研究部

膵癌発症の予測に役立つ新規の感受性遺伝子群を特定するための国際共同研究を進めている(UMIN000016984)。日米の若年発症膵癌患者を対象に、全ゲノム解析を行っており、新たに特定される遺伝子情報をもとに膵癌の早期診断に役立つ仕組みを作り上げたい。
手稲渓仁会病院、北海道大学腫瘍病理学講座と連携し、膵嚢胞関連がんにおける臨床病理学的、遺伝子学的な検証も進めている。膵癌の浸潤、転移に至る過程でのクローン進化の多様性が解明され、これに基づく治療標的の特定を目指している。
また、当院放射線診断科(画像・IVRセンター)では、平成27年に新しいがん局所治療である凍結治療を導入したが、この治療では治療後に病変部から離れた転移巣が縮小するケースも時に見られ、免疫学的効果を誘導している可能性も指摘いる(Cryo-immunology)。その作用機序に関する基礎的研究も進めている。

部門長

水上 裕輔 Yusuke Mizukami

専門分野
消化器病学、腫瘍学、分子生物学
対外活動

日本消化器内視鏡学会(専門医)、日本消化器病学会(専門医)、
日本内科学会(認定医)、日本癌学会、日本癌治療学会、
日本がん移転学会、日本血管生物医学会、米国癌学会、米国消化器病学会

■評議員等
2007年8月 日本がん治療認定医機構暫定教育医
2011年1月 日本血管生物医学会評議員

副部門長

齋藤 博哉 Hiroya Saito

専門分野
IVR、腹部画像診断
対外活動
日本医学放射線学会(診断専門医)、日本インターベンショナルラジオロジー学会(専門医)日本核医学会(専門医)、日本核医学会(PET核医学認定医)、日本がん治療認定医機構(暫定教育医)、臨床研修指導医、平成24年度 厚生労働省がん研究開発費「有効なIVR手技の開発と標準化のための多施設共同研究」班(荒井班)班員 、日本IVR 学会(理事・代議員・教育委員会委員長・専門医制度委員・施設認定小委員会委員長)、日本胆道学会(評議員・学術委員)日本癌治療学会・日本肝胆膵外科学会(胆道癌診療ガイドライン作成委員・胆道癌診療ガイドライン出版委員)日本癌治療学会・日本肝胆膵外科学会(胆道癌診療ガイドライン作成委員・胆道癌診療ガイドライン出版委員)、リザーバー研究会(世話人)、救急放射線研究会(世話人)、腹部放射線研究会(代議員)、腹部放射線研究会(代議員)、日本IVR学会北日本地方会(幹事)、北海道血管造影・IVR研究会(代表幹事)、北海道血管造影・IVR研究会(代表幹事)、北海道IVR談話会(代表世話人)、北海道消化器画像・MIT研究会(幹事)、北海道消化器画像・MIT研究会(幹事)、北海道肝がん研究会(幹事)

研究員

國部 勇 Isamu Kunibe

専門分野
耳鼻咽喉科学、頭頸部外科学、喉頭生理学
対外活動
日本耳鼻咽喉科学会(専門医・指導医)、日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医)、日本気管食道科学会(専門医)、日本癌治療学会(癌治療認定医)、日本耳科学会、日本喉頭科学会、日本嚥下医学会、 日本内分泌・甲状腺外科学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本口腔咽頭科学会

駒林 優樹 Yuki Komabayashi

専門分野
耳鼻咽喉科学、頭頸部外科学
対外活動
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)、日本頭頸部外科学会、日本頭頸部癌学会、日本癌学会、日本癌治療学会

南 盛一 Seiichi Minami

専門分野
乳腺外科
対外活動
日本外科学会(専門医)、日本乳癌学会(乳腺専門医)、日本がん治療認定機構(がん治療認定医)、日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影(認定医)
がん治療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修修了

坂本 淳 Jun Sakamoto

専門分野
消化器内科
対外活動
日本内科学会(認定医)、日本消化器内視鏡学会(専門医・指導医)、日本消化器病学会(専門医)、臨床研修指導医

研究生

和田 玲緒名 Reona Wada