コメディカル

薬剤部

私たち薬剤部は、お薬を通じてより良い医療の提供を心がけています。また、患者様からのお問い合わせに対しても日々対応し、安心して医療を受けていただくよう努めております。薬局では主に外来患者様へのお薬の調剤や服薬指導、そして入院患者様への内服注射調剤、服薬指導、TDM、TPN調製が業務の中心です。

当院では、医師が処方したお薬を院内で調剤し、患者様にお渡ししております。会計終了時に「お薬引換券」をお渡しいたしますので、薬局窓口でお薬とお薬の説明をお受けください。
一部院外処方発行、処方箋のお渡しも薬剤部で承っております。

薬局業務紹介

入院、外来調剤業務
1F調剤室は入院、外来患者様のお薬を調剤しています。
薬剤部内ユヤマ調剤システムで調剤データーを監査し各機器にデーターを流します。自動薬袋発行機で薬袋が作られ自動錠剤分包機でOPまたはOD:(one-dose packaging)し入院患者様やご高齢の方のために対応し散薬監査システム、水剤監査システムで、取り違えなどのリスクを回避しています。分包機も3台設置しスピーディーに投薬できるようになっています。薬お渡し口は投薬表示板でお渡し番号を呼び出し、患者様の領収書に引換券とお薬お渡し番号が付いておりお薬と交換することで渡し間違えなどのリスクを防止しています。
注射剤調剤業務
注射剤は地下注射調剤室で調剤を行います。
当院では患者1本渡し制をとっており前日までに当日1日分を病棟にあげてオーダーシールを添付し病棟毎入院患者様毎のボックスに入れて管理しています。オーダシールはバーコードとなっており患者様リストバンド、施行看護師コード、施行医薬品のバーコードを認証させることで実施入力でき患者取り間違え、薬剤間違えなどのリスクを回避します。冷所保存薬剤も病棟毎になっている冷蔵庫に保管して品質管理を行っています。注射剤混注業務は必要時、特に注意を要する薬剤などは混注を行い、病棟などに払い出しを行っています。
TPN製剤調整業務
無菌製剤室でTPNの混注をおこなっています。
TPN(高カロリー輸液)は栄養を経口摂取できない患者様のために点滴で1日必要な栄養をとるための輸液です。無菌調剤室はクラス1000を保ちその部屋内のクリーンベンチで無菌操作を行い、混注を行います。入室に当たっては無菌製剤前室でガウン、マスクなど装備しエアーシャワーを浴びて初めて入室できます。
抗癌剤混注業務
当院では化学療法センターや病棟化学療法を行うために、特殊製剤室があり、ドラフト内で抗癌剤の混注を行っています。薬液が漏れ皮膚などに暴露しないようにさらに防護服を着て、ドラフト内操作を行っています。
抗癌剤のミキシングについては専任の薬剤師が混注業務を行い、抗癌剤専用オーダリングアプリケーションによって投与量監査や処方入力連絡音、調剤終了連絡画面などのシステムが稼働しています。
DI業務
医薬品情報は、常に新しい正しい情報を医師、看護師に提供しなければなりません。
当院ではDI室に書籍だけではなく情報系端末を配置し常に新しい情報を入手し情報を提供しています。
医療情報システム開発センターより1月1回最新医薬品情報を入手しシステムから電子カルテに新しい薬剤などのDI情報が閲覧できます。
病棟服薬指導業務
入院患者様にお薬を渡すだけでなく、直接病棟ベットサイドへ行って服薬指導を行う業務です。患者様に合った服薬方法、情報提供しコアンプライアンスの向上を図り副作用の未然の防止を行う。退院後も患者様が安心して服薬できるようにしています。
循環器センターには4名の専任薬剤師、消化器センターは2名の専任薬剤師がいて朝から病棟へ訪問しています。他病棟薬剤師は午後より病棟へ訪問してベッドサイドで服薬指導業務を行っています。特にICUでは、TDMはもちろん抗生剤の適正使用を念頭にDrに対して抗生剤選択のアドバイスなど積極的に行っております。
訪問服薬指導
居宅療養管理指導である薬剤師による訪問服薬指導があります。
薬剤師が患者様のいろいろな質問に訪問先で答え、コンプライアンス状況、副作用の有無、健康状態のチェックを行い状況が思わしくないなら主治医、看護師、ケアーマネージャに連絡報告するなど、病院の代表として患者様宅を訪問する業務です。
TDM業務
当院では抗菌薬の適正使用のためにTDMを行っております。
抗MRSA薬バンコマイシン等を測定し、至適時間、至適濃度をシュミレーションして患者様に合った投与量、時間を医師に提言して抗生剤の適正使用に努めています。
薬品管理業務
当院の医薬品を発注し供給する業務です。在庫量が多くなると病院薬品在庫金額が上昇して病院の経営にも影響が出てきてしまいます。使用医薬品のチェックや有効期限切迫品の有無など正確な医薬品購入が必要です。

リハビリテーションセンター

当院は急性期病院であり、早期より理学療法・作業療法・言語聴覚療法のリハビリテーションを実施しています。発症直後からベッドサイドにて、「寝たきり」にならないために、「起き上がる」などの基本動作訓練・「トイレ」などの日常生活動作訓練・「食べる」ための摂食・嚥下訓練などを積極的に実施し、訓練室への治療につなげています。また、退院後もリハビリテーションを必要としている患者様に対し、家庭での自立や社会復帰をするために、訪問及び外来リハビリテーションを行なっています。

基本方針

リハビリテーションセンターに対する病院の方針
「患者様の日常生活の自立を目指す」
「いつでも、どこでもリハビリテーションのある環境を!」
リハビリテーションセンターの方針
「急性期病院として次に繋がるリハビリテーションを!」

理学療法

身体に障害があり基本動作能力(寝返りや起き上がり、歩行)の低下や、障害の発生が予想される患者様に対し、運動療法や器具を用いた物理療法を行います。
また、心臓リハビリテーション室では心疾患患者様に対し、心機能の改善や再発予防を目的とした運動療法を行います。

作業療法

「日常生活動作」「家事」「仕事」「遊び」など、生活全般に関わる活動を『作業』と呼んでいます。
作業療法は一人一人の患者様の生活状況や社会的背景、精神面に配慮して治療を行います。そして、各々の生活や仕事に復帰できるように具体的な作業を通して動作練習や環境調整を行います。また、手の骨折や末梢神経疾患に対しても作業療法士が専門的に介入します。

言語聴覚療法

言語、聴覚、発声、認知等に問題があって、コミュニケーションに支障をきたした患者様へ、専門的なサービスを行います。また摂食・嚥下の問題も専門的に対応しています。

対象疾患

  • 循環器疾患 (急性心筋梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症、等)
  • 脳血管疾患 (脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、等)
  • 内科疾患 (肺炎、消化器疾患、等)
  • 外科疾患 (開腹、開胸術後、等)
  • 整形疾患 (骨折、靭帯・腱損傷、変形性関節症、等)
  • 呼吸器疾患 (慢性閉塞性肺疾患、がん、等)

施設基準

  • 心大血管疾患リハビリテーション料:Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料:Ⅰ
  • 運動器疾患リハビリテーション料:Ⅰ
  • 呼吸器疾患リハビリテーション料:Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション料:Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション料

スタッフ

リハビリテーション科専門医:1名
理学療法士:29名
作業療法士:9名
言語聴覚療法士:10名
リハビリ事務:1名

放射線科

現在、当院の放射線科は、1名の放射線科医、23名の診療放射線技師、2名の看護師から構成されています。
主に、レントゲン撮影検査、CT検査、MRI検査、X線TV検査、RI検査、AG検査に携わっており、「放射線診療の中心となり、安全で最良の医療を患者様に提供する。」「日々進歩する放射線診療に対応し、常に向上心を持って診療にあたる。」という理念の下、日々の検査にあたっております。

主な検査機器

CT
CT検査は、身体にX線を照射して透過したX線をデータとして集め、コンピュータで処理する事で身体の内部を画像化する検査です。
当院では64列マルチスライスCT(フィリップス社製「Brilliance 64」)と8列マルチスライスCT(GE横河社製「Lightspeed Ultra」) 2台による検査業務をおこなっております。
特に64列マルチスライスCTは64列の検出器を有し、より早く、細かく、広範囲の撮像を行うことができます。
これにより従来のCTでは不可能であった検査を可能とする事ができます。
例えば、全身を1回の呼吸停止下で検査が行えるため、呼吸を止める検査では患者様の負担が軽減されます。
さらに、造影剤を使用することにより、単純CTでは発見しづらい血管奇形、胆石、腫瘍等の描出ができます。
また、データをコンピュータで高速データ処理することにより、さまざまな角度の断層面の三次元画像(3D)を短時間で作成することで、鑑別診断に重要な情報を提供でき、診断の手助けとなっています。
MRI
MRIは磁気共鳴断層撮影装置のことで、強い磁石(磁場)と高周波(電磁波)を利用して体内にある水素原子核を動かし、その動きを画像にする装置です。
磁気を使用し、体の中を観察するので、被爆がなく、通常は患者さんには無害な検査です。
当院では、高分解能、高画質で撮影ができるGE横河社製「Signa EXCITE Ⅲ」、フィリップス社製「Intera Achiva」の1.5TMRIを2台導入して検査を行っております。
MRI検査で行う主な検査部位としては頭部・脊椎・関節などがあげられます。
例えば、脳梗塞・動脈瘤などの有無、一般レントゲン写真では見ることのできない、軟骨や靱帯、半月板、腱、筋などの撮影ができます。
さらに、造影剤を使わずに心臓の血管(冠動脈)・大動脈・下肢の血管の撮影も可能になります。
その他の部位も容易に検査できるので、単純レントゲン写真やCTでは特定することが困難な疾患に対し非常に有効です。
X線TV
X線テレビ装置とは、X線を照射し続けることにより、リアルタイムで身体の中の状態を透視し検査するための装置です。
主にバリウムを飲む胃透視検査や、大腸の中にバリウムを入れて検査する注腸検査、内視鏡を口から挿入し、胆管・膵管を造影して胆石や狭窄等がないか調べるERCPと呼ばれる検査などに使われています。
また、骨折した骨を元の位置に戻すのにも使用されています。
当院では、東芝社製デジタルⅩ線テレビ装置「Ultimax」(3F消化器センター)、「WINSCOPE Plessart」(1F放射線科)の2台を導入して各種の透視検査・撮影を行っています。
RI
RI検査(Radio Isotope)は核医学検査とも呼ばれています。
放射線を放出する少量のRI薬剤(放射性医薬品)を静脈から注射し、体内から放出される放射線を検出して、体の中の様子を見ることにより診断を行う検査です。
レントゲン撮影やCT撮影は体の外から放射線を照射してその透過したX線で画像を作るのに対して、 RI検査は脳、心臓、肺、腎臓、骨など、特定の臓器や腫瘍に集まった放射線を検出して画像を作るという特徴があります。
そのため、体の中の病巣や特定の臓器の状態を調べることができます。
得られたデータから、コンピュータ処理により断層画像や臓器の機能を評価する情報を得る事ができ、 治療方針の決定、治療効果の判定や予後予測に重要な役割を担う検査となっています。
当院では、東芝社製の「E.CAM」を導入して検査を行っております。

ME(臨床工学技士)部

臨床工学技士とは

臨床工学技士は、厚生労働大臣の免許を受けて臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者をいいます。
生命維持管理装置とは、その名の通り生命を維持、管理するための装置であり人の呼吸、循環または代謝の一部を代行し又は補助することを目的としている装置のことをいいます。
人工心肺装置、透析装置、人工呼吸器などが上げられます。
臨床工学技士の資格は、1987年5月に制定された「臨床工学技士法※」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。
(※公布 昭和62年6月2日、施行 昭和63年4月1日)
医師をはじめ、各種コメディカルと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として治療・検査をサポートしています。

業務紹介

機器中央管理業務
輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、低圧持続吸引器、パルスオキシメータなどを中央管理をし、院内のモニターや除細動器なども保守点検を行っています。
急性期血液浄化業務
緊急透析を始め、血漿交換、エンドトキシン吸着活性炭吸着、持続系血液浄化など各種血液浄化を行っています。
カテ室業務
ポリグラフ、検査機器の操作、医師の介助、補助循環装置(IABP、PCPSなど)・血管内エコーの準備・操作、ペースメーカー関連業務、アブレーション業務などを行っています。
手術室業務
心臓血管外科:人工心肺装置、補助循環装置の準備・操作を行っています。
外科:腹腔鏡、クールタッチレーザーの準備・操作を行っています。
脳神経外科:血管内エコーの準備・操作を行っています。
その他:自己血回収装置の準備・操作、麻酔器の日常点検などを行っています。
透析室業務
外来・入院透析をはじめ、白血球除去(L-CAP、G-CAP) ・LDL吸着などを行っています。
高気圧酸素治療業務
高気圧治療器の準備、操作などを行っています。
その他
モービルCCU(救急車)内での医師の介助、使用物品の準備などを行っています。
上記業務に関係する医療機器全般の保守管理、緊急時の対応などを行っています。
※夜間・休日緊急時、これらの業務を毎日 当直者1名 待機者2名が24時間サポートしています。

栄養科

《安全で満足していただける食事の提供・より良い栄養管理の実践》の理念のもとにスタッフ一同「人の体のための栄養科」めざして日々、取り組んでいます。

患者さまへのお食事の提供

入院中の楽しみとなるような食事作りをめざしています。
  • 患者さまの体の状態に合わせた食事を医師の指示に基づいて提供しています。
  • 嗜好にあった食事を提供するため選択メニューや個別での対応を行っています。
  • 栄養管理計画をもとに管理栄養士が病室にうかがい、病態や嗜好を考慮した食事を提供します。
  • 定期的に調理師が病室にうかがい、味付けや盛付、嗜好などを確認しメニュー検討や業務内容の改善に努めています。

栄養食事指導

入院、外来問わず栄養食事指導を実施しています。
ご希望の方は主治医にご相談ください。

当院で治療されている患者様で食事療法が必要な方に、医師の指示に基づいて管理栄養士から食事のとりかたや考え方についてご説明いたします。
患者様の生活スタイルに合わせた食事をご提案し食事療法の継続をサポートいたします。

入院患者様の栄養管理

多職種が一体となって患者様の体力、回復力の向上にとりくんでいます。
  • 患者さまの治療目的が効果的に達成できるように、NSTというチームをとおして病気回復、社会復帰をめざしサポートしています。
  • 当院のNSTは医師、看護師、リハビリセラピスト、薬剤師、検査技師、管理栄養士が共同で栄養状態や摂食状況の悪い患者さまについて食事内容を検討し栄養量や食事形態の調整を行っています。

医療相談室

医療ソーシャルワーカー(略称:MSW)は、ご病気になった時の思いがけない心配事や今後の生活についての相談をお受けする仕事をしています。
患者様が安心して療養生活を送ることができるように、患者様やご家族の方と一緒に 考えながら不安や心配事の解決に向けてのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
当院では各病棟ごとに担当のMSWを配置しておりますのでお気軽にご相談ください。

相談内容

  • 退院後の療養先について
  • 医療費や生活費の心配について
  • 介護保険の利用方法について
  • 身体障害者手帳や福祉制度について
  • その他、誰に相談したらよいのかわからない心配事など
※相談についての秘密は固くお守りいたします。

相談受付時間

平日  8:30~17:00
土曜日 8:30~12:30
上記以外の時間を希望される場合は事前にご連絡ください。
相談ご希望の方は、一階フロントもしくは病棟スタッフまでお申し付けください。
また、お電話での相談もお受けしております。
医療相談室直通 011-752-1415

中央臨床検査室

理念・特色

緊急検査を充実させ検査結果の迅速かつ正確な報告を24時間体制で行っております。
すべての検査は病院オーダリングシステムで依頼され、検査情報に基づき採血バーコードラベル・生理検査依頼箋・順路案内表など自動発行されることにより効率な検査の実施・効率的な検査結果の報告を行っております。

業務内容

検体検査
生化学検査…
血液中に溶存している各種部室の濃度を測定し、各臓器の障害の程度や炎症の程度を調べます。
免疫検査…
血液中の免疫抗体・内分泌物質(ホルモン)・特殊物質を測定し、感染症や腫瘍・ホルモン異常を引き起こす疾患を調べます。
血液検査…
血液を構成する血球の比率や性状を調べたり、出血を止めるために血液を凝固させる能力(凝固能)を調べ血液疾患を診つけます。
一般検査…
主に体液や排出物の中の溶存物質濃度や細胞数を測定し、代謝異常・感染症の有無・出血の有無を調べます。
細菌検査…
患者さまから採取した検体を培養し感染症の原因となる細菌を特定、その菌にもっとも適した薬剤(抗生物質)を捜します。
病理検査…
手術または検査目的で採取した臓器・組織・細胞などを様々な染色を用い、組織学的に病気の診断を行い治療方針の決定や診断の検証を行います。
細胞診検査では悪性細胞の有無を判定し、早期癌の診断を行えます。また、生前の診断・治療の検証のため病理解剖を行い臨床病理例検討会で検証が行われます。
生理機能検査
直接患者さまに触れ身体の構造や機能に関する様々な情報を調べる検査で、心電図・脳波などの機能検査や腹部エコー・心エコーなど画像検査があります。
心電図検査(安静時・負荷・24時間)…
心臓の電気的活動を波形として記録・解析し不整脈・狭心症・心筋梗塞など心臓の病気を幅広く診つけます。
呼吸機能検査…
肺活量・努力性肺活量を測定し肺疾患を調べます。
脳波・誘発筋電図…
脳から生じる電気活動を記録してんかん・意識障害・変性疾患などを調べます。
超音波検査…
超音波を対象物にあて、その反響を画像化し臓器疾患を調べます。心臓・腹部・乳房・甲状腺などの他に四肢血管の狭窄や下肢静脈の診断・治療に有効です。

診療情報管理室

2002年1月に診療情報管理室が設置されました。現在、6名の診療情報管理士により診療記録全般を管理、運用しています。診療情報は患者様の大切な財産と考え、診療記録の質の向上を目指し業務を行っています。

業務内容
1. 入院診療録の点検、保管、管理
2. 入院診療録からICD-10に基づき傷病名のコーディング・ICD-9-CMに基づき手術、処置のコーディング。
診療情報データベースを作成し管理しています
3. 退院患者統計
4. 院内がん登録
5. DPCデータの点検及び調査票の作成
6. 診療情報提供(開示)

診療情報の開示について

より良い医療の提供を行うために日々の診療について医療スタッフから患者様へ診療に関する情報提供を行っておりますが、ご本人からの申請に基づいて、診療情報の開示を行っています。

1. 開示の範囲

  • 外来・入院診療録、看護記録、検査記録、レントゲンフイルム等の診療記録

2. 開示を申請できる方

  • 原則として患者様ご本人です
  • 患者様が15歳以上の未成年の場合、患者様ご本人が自己判断できない場合、死亡している場合は親族、又は法定代理人

3. 開示手続きに必要なもの

  • 診療情報の提供(開示)申請書(当院指定のもの)
  • 印鑑
  • 身分証明書(運転免許証、住民票、パスポート等)
  • 開示請求が患者様ご本人でない場合には患者様ご本人自署による委任状、謄本

4. 開示までの流れ

  • 1階受付窓口へお申し出ください
  • 受付日時は平日の9時から5時までです
  • 開示に必要なものを持参のうえ患者様ご本人が申請を行ってください
  • 診療録の受け渡しに1週間ほどお時間をいただきます。用意ができましたら当院からご連絡をさせていただきます
  • 複写等の送付は致しかねます。必ず申請者が受け取りにご来院ください

5. 開示費用

内容 単位 金額(税別)
開示基本料 1式 2,000円
開示に伴う医師の説明料  1式 5,000円
診療記録の複写代  1枚 30円
レントゲンフイルムコピー代     半切 1枚 600円
大角 1枚 500円
大4 1枚 400円
4切以下 1枚 300円
CT・MRI・RI 1枚 600円
レントゲンフイルムをCDコピー  1枚 2,000円