診療案内

外科

診療スタッフ

河野 透

先端外科センター長 (医学博士)
資格・専門医
日本外科学会(専門医、指導医)/日本大腸肛門病学会(専門医、指導医、評議員)/日本肝臓学会(専門医、指導医、東部会評議員)/北海道外科学会(評議員)/日本消化器病学会(専門医、指導医、支部会評議員、学会評議員)/日本消化器外科学会(専門医、指導医、消化器癌認定医)/日本臨床外科学会(支部会評議員)/日本内視鏡外科学会(評議員)/日本消化管学会(評議員、胃腸病専門医)/日本神経消化器病学会(評議員)/日本ヘリコバクター学会(ヘリコバクター治療認定医)/日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)/国際小腸移植学会 編集委員, Editorial Board/分子消化器病/The Open Colorectal Cancer Journal/臨床研修指導医 The American Motility Society Young Investigator’s Award (H14) 腹部救急医学会 会長賞 (H16) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H22) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H27)

河野透

参加学会および学会認定

大腸肛門病担当 (大腸癌・直腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病など) アメリカ消化器病学会(AGA) 国際会員/アメリカ癌治療学会(ASCO)国際会員/ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO)国際会員/アメリカ クローン病・腸炎学会(CCFA)国際会員/ヨーロッパ クローン病・腸炎学会(ECCO)国際会員/アメリカNitric Oxide学会 国際会員/国際小腸移植学会 国際会員

唐崎 秀則

副院長(医学博士)
資格・専門医
日本外科学会(専門医、指導医)/日本消化器外科学会(専門医、指導医)・消化器がん外科治療(認定医)/日本肝胆膵外科学会(評議員、高度技能指導医)/日本消化器病学会(専門医)/北海道外科学会(評議員)/日本肝胆膵外科学会高度技能指導医/臨床研修指導医/American College of Surgeons (Fellow) 日本肝胆膵外科学会 会長賞 (H19) 膵臓病研究財団 奨励賞 (H21)

唐崎秀則

参加学会および学会認定

胆・膵疾患担当 (胆道癌・膵癌・慢性膵炎など)

吉川 大太郎

外科部長(医学博士)
資格・専門医
日本外科学会認定医・専門医/日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医/日本消化器病学会専門医/日本肝臓学会・肝臓専門医/日本がん治療認定医機構・がん治療認定医/臨床研修指導医

吉川大太郎

参加学会および学会認定

肝臓病担当 日本臨床外科学会/日本肝胆膵外科学会/日本癌治療学会/日本肝癌研究会/日本肝胆膵外科学会評議員

笠井 章次

医長
資格・専門医
日本外科学会専門医/ 臨床研修指導医/ 大腸肛門病学会専門医

笠井章次

参加学会および学会認定

肛門病担当/ 日本消化器外科学会学会員/ 日本臨床外科学会学会員/ 日本内視鏡外科学会学会員

向井 信貴

医長
資格・専門医
日本外科学会専門医/ 日本救急医学会救急科専門医

向井信貴

参加学会および学会認定

下肢静脈瘤担当/ 日本消化器外科学会学会員/ 日本集中治療医学会学会員/ 日本AcuteCareSurgery学会員/ 日本外傷学会学会員/ 日本DMAT隊員

深堀 晋

医長
資格・専門医
臨床研修指導医

深堀晋

参加学会および学会認定

鼠径ヘルニア担当/ 日本外科学会学会員/ 日本消化器外科学会学会員/ 日本臨床外科学会学会員

前島 拓

医長

前島拓

参加学会および学会認定

日本外科学会員/ 日本臨床外科学会員/ 日本救急学会員

王 利明

王利明

参加学会および学会認定

日本外科学会員/ 日本消化器外科学員/ 日本臨床外科学会員/ 日本内視鏡外科学員

診療科紹介

札幌東徳洲会病院は急性腹症を始め、消化器を中心に外科領域全般にわたり診療を行っています。
スタッフは後期研修医を含めて7名体制です。徳洲会病院の理念を念頭に「24時間、365日」緊急手術に常に対応できるようにしつつ、先進的・専門的医療を目指して取組んでいます。

2012年10月からは河野透が着任し、消化管領域の高度な専門治療を行っています。悪性腫瘍はもとより、炎症性腸疾患領域では特に高い専門性を発揮しています。独自に開発した「KONO-S吻合」(図1)によりクローン病の吻合部再発率を著しく減少させることに成功しており、国内はもとより海外の施設にも指導に訪れています。
これまでにワシントン大学(アメリカ、シアトル)、コーネル大学(アメリカ、ニューヨーク)、マサチューセッツ総合病院(アメリカ、ボストン)、オックスフォード大学(イギリス)、北京大学(中国)など世界の有名施設で「KONO-S吻合」の手術指導を行ってきました。

また、近年日本では直腸癌の患者が増えていますが、この病気ではしばしば肛門を切除して人工肛門を造設することがあります。当院では積極的に「肛門温存手術」に取組んでいます。他院で肛門を切除する必要があると診断された方でも、肛門を温存できることもあります。

また、2014年4月からは胆道・膵臓外科専門医(肝胆膵外科学会高度技能指導医)として唐崎が、肝臓専門医として吉川が着任して肝胆膵領域の外科専門治療が可能となり、積極的に取り組んでいます。

さらに専門外来として2015年8月より肛門疾患外来(担当:笠井)を月曜日午後、11月より肝臓外来(担当:吉川)を木曜日午後、同じく11月より下肢静脈瘤外来(担当:向井)を金曜日午後に開設しましたので、各領域でお悩みの方は相談してください。

診療科紹介

手術件数と内容

2013年、2014年の当科での手術件数と内容です。

手術件数と内容

外科医募集

当科では共に勉強し働く外科医を募集しています。

当科の特徴は、年間9000台の救急搬入を背景とした緊急手術の多さが特徴です。後期研修医に必須な手術例(虫垂炎、ヘルニア、イレウス、消化管穿孔など)が豊富で、短期間に多数の症例を経験することができます。
一方で、近年は悪性腫瘍、炎症性腸疾患などに対する待期的手術も増加しています。従って、後期研修を終了して消化器外科専門医を目指す医師にも効率よく経験を積む上で良好な環境です。

常に緊急手術に備えた忙しい環境ではありますが、効率よく診療ができるように2チームにわけてそれぞれ患者の情報を共有しています。これにより交代で安心して休みがとれたり、学会出張に出かけられたりできるようになっています。
患者ごとに主治医は決めますが、毎朝カンファレンスを行いますので、若い医師でも方針については経験豊かな医師に常に相談できる環境にあります。

多くの手術経験を望む先生方をお待ちします。
われわれは他施設との交流も重要と考えていますので、短期間(3~6ヶ月など)での参加も歓迎します。
また、当科の職務は多岐にわたるので、日中(あるいは夜間)のみといった限定的な形での就労も可能です。子育てをしながら外科医としてのキャリアを維持したいと考えている女性外科医(あるいは外科医希望の後期研修医)、なんらかの事情によりフルタイムでの就労が難しい医師にも良い環境です。
もちろん、すでに専門的な外科治療分野を持つエキスパートの先生方も歓迎します。当院で可能な新たな専門分野を確立すべく、病院として協力できると思います。

医師の募集ページはこちらからご確認いただけます。