診療案内

救急科

診療スタッフ

瀧 健治

センター長
資格・専門医
日本麻酔科学会麻酔指導医/日本集中治療学会専門医/日本蘇生学会蘇生法指導医/日本救急医学会指導医/日本救急医学会専門医/日臨高気圧酸素・潜水医学会管理委/佐賀県臨床研修運営協議会主催指導医講習会

瀧健治

松田 知倫

部長
資格・専門医
日本救急医学会救急科専門医/Infection Control Doctor/臨床研修指導医

松田知倫

増井 伸高

部長
資格・専門医
日本救急医学会救急科専門医/日本救急医学会学生・研修医部会設置運用特別委員会委員/日本プライマリ・ケア連合学会認定・指導医/臨床研修指導医

増井伸高

民谷 健太郎

資格・専門医
臨床研修指導医 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医/臨床研修指導医

民谷健太郎

松田 律史

松田律史

佐藤 洋祐

佐藤洋祐

松本 悠

松本悠

合田 祥悟

合田祥悟

診療科紹介

「救急科」は、日本ではあまりなじみがありませんが、救急外来や時間外外来を仕事場とする科です。内科、外科などの分類ではなく、急な病気、急なケガに対して対応するのが専門です。

めまいであれば、脳外科のめまいか耳鼻科のめまいか。胸やお腹が痛い時に、循環器なのか、呼吸器なのか、はたまた消化器なのか。頭とお腹と足をぶつけた人に対して、脳外科、外科、整形外科のうち、どの科の先生が必要なのか。そうした判断をするのも救急の仕事です。

歩いて来る患者様の中から、実は入院が必要な人を見つけ出すのも専門の一つです。子供であっても、鼻血が出ていても、救急の仕事です。テレビドラマではないですが、心臓が止まりそうな人、呼吸が止まりそうな人に対する対応も、当然救急です。

札幌にはたくさん病院がありますが、24時間急病に対応できる病院はごくわずかであり、科を間違えると正しい診断、治療には結びつきません。そうした急病の患者さんのお手伝いをするのが、我々「救急科」の仕事です。

救急医を目指す君へ





>> 患者様へ臨床研究のお知らせ【レジオネラ肺炎】