薬剤部
私たち薬局は、患者様に安心して医療を受けていただけるように、医薬品の適正使用に貢献することで、より良い医療の提供ができるように努めています。 cat1_img01.jpg
薬局業務紹介
調剤

調剤室では内服薬、外用薬、注射薬を調剤しています。電子カルテ上で医師から処方を受け、内容が適正であるか(患者様の年齢、腎臓・肝臓の機能、アレルギー歴、飲み合わせ、配合変化など)を確認し調剤します。調剤を的確に行うために散剤鑑査システム、自動散薬調剤ロボット、水剤鑑査システム、注射薬自動払出ロボットを導入しています。また、自動錠剤分包機を導入して主にご高齢の方や入院患者様のために複数のお薬を一つの袋にパックする一包化を行っています。

 

cat1_img02.jpg

自動散薬調剤ロボット

cat1_img03.jpg

自動錠剤分包機

外来調剤

当院では平成28年7月より、国の方針に従い外来患者様のお薬は段階的に院外処方せんに切り替えを行っています。院内薬局のお薬窓口では番号表示モニタでお渡し番号を表示し、領収書に付いている引換券とお薬を交換することでお渡し間違いなどを防止しています。また、外国人の患者様のために通訳サービスを導入しています。

入院調剤

入院中の患者様のお薬は、24時間薬剤師が常駐して処方変更などにも速やかに対応しています。

注射薬調剤
化学療法センターで治療を受けられる患者様や入院中の患者様の注射薬を調剤しています。注射薬は、間違いがないように医師からの指示ごとに2次元バーコードで管理しています。麻薬・毒薬・向精神薬・血液製剤は、帳簿や電子カルテ上でいつ、だれに使用されたか分かるように管理しています。

cat1_img04.jpg

注射製剤

病棟業務

当院では全ての病棟に専任の薬剤師が常駐しており、入院患者様への医薬品の適正使用の推進に努めています。患者様への服薬指導、持参薬の確認、医師や看護師への薬剤の情報提供や提案、副作用や相互作用のモニタリング、病棟薬剤の管理など幅広く業務に取り組んでいます。

服薬指導

入院時の初回面談(現在服用しているお薬の確認、検査入院であれば休薬の確認、アレルギーや副作用歴・健康食品の有無など)や入院中に処方された薬剤の説明(効能・効果、副作用、服用方法など)を行っています。退院時にはご家族様も含めお薬の説明を行い、薬剤情報提供書やお薬手帳を必要に応じてお渡しし、他の医療機関や薬局、施設でも活用できるようにしています。

医薬品情報の提供

病棟薬剤師は医師・看護師などの医療スタッフに情報提供(腎機能に対する薬剤の投与量、副作用、注射薬の配合変化、病態に対して使用できる薬剤など)を行い、患者様への医薬品の適正使用の推進に努めています。

病棟薬剤の管理

病棟に保管されている薬剤について看護師と相談し、ストックする薬剤の種類や定数の決定、薬剤名の表記や配置、開封日・使用期限の確認など、病棟薬剤の適切な管理に取り組んでいます。

手術室業務

手術室には麻薬、毒薬、向精神薬など厳重な管理が求められる医薬品が多くあり、近年では薬剤管理面から薬剤師の参画が求められています。当院では、2017年度より平日日勤帯において1名の手術室専従薬剤師を配置し、手術室での安全な医薬品の使用、医薬品管理体制の適正化へ貢献するべく業務を行っています。また、必要に応じて麻酔科医へ患者情報(常用薬、術中に使用する薬剤に注意が必要な既往歴など)の申し送り、周術期の薬学的管理を病棟薬剤師と連携し行っています。今後は、周術期への薬学的介入を含め、新しい業務開拓へ模索しています。

麻薬・毒薬・向精神薬の管理

前日使用分の法的管理医薬品の確認・補充を行い、術中使用の麻薬のオーダー確認、払い出しを行っています。また、院内で最も多くの麻薬を使用するため、麻薬専用金庫を2台設置し、厳重な管理を行っています。

麻酔薬定数カートを用いた医薬品の管理
当院では、手術中に使用する医薬品を専用の麻酔薬定数カートを作成し、運用しています。麻酔薬定数カートは、全身麻酔セット・心臓血管外科セット・局所麻酔セットなど大きく分けて3パターン作成し、手術前準備ならびに医薬品補充の簡便化に貢献しています。 cat1_img05.jpg
ER担当業務

当院は「断らない救急の実践」を目標に掲げ、毎年北海道一の救急搬送受け入れ件数を維持している2次救急指定病院です。

また、全国に先駆けてER専従薬剤師を配置しており、患者様への初回面談や持参薬鑑別を迅速に実施することで、薬剤起因性疾患や急性薬物中毒など、薬剤によって起こる疾患の治療支援を行っています。

初回面談

一般病棟での初回面談・服薬指導業務は、今や病院薬剤師の業務として普遍的になってきています。しかし、ERをはじめとする初療領域で初回面談を実践している施設は少ないのが現状です。当院では、ER専従薬剤師が救急搬送患者様へ迅速に初回面談を実施することで、救急搬送の原因となった疾患に対して薬剤師の視点から臨床推論を用いてアプローチを行い、救急医の業務支援を実践しています。

持参薬鑑別

初回面談同様、持参薬鑑別業務は今やどの病院でも実施していますが、ER専従薬剤師がERで実施することで救急搬送患者様の薬歴把握を迅速に行う事が可能になります。救急搬送患者様の中には薬剤情報を未持参の方も一定数おり、その場合にはER専従薬剤師が[かかりつけ医療機関]や[かかりつけ保険薬局]への問い合わせを実施しています。

救急科入院患者の薬物治療管理

当院ER専従薬剤師の業務の一つとして、救急科に入院されている患者様に対する薬物治療管理への参画があります。当院救急科では、プロトコールに基づいた薬物治療管理(Protocol Based Pharmacotherapy Management, PBPM)を用いて、薬剤師による処方入力支援を実施しています。救急科入院患者様のより良い薬物治療を目指して、救急医や診療看護師(Nurse Practitioner, NP)と協働し、チーム医療を実践しています。

抗がん薬調製業務
当院では入院患者様と外来患者様に使用する抗がん薬の調製を薬剤師が行っています。また、生物学的製剤の調製、化学療法のレジメンの管理も薬剤師が行っています。抗がん薬は細胞毒性を有するという特徴から、安全キャビネットを使用して調製しています。安全キャビネットで調製することで薬剤師が抗がん薬に曝露することを防ぎ、細菌汚染などのない安全な薬剤を患者様に供給しています。また、薬剤の調製、払い出し、鑑査(抗がん薬の用法・用量が適正であるかなど)に複数の薬剤師が関わることで患者様の安全をサポートしています。 cat1_img06.jpg
がん患者指導業務

がん患者指導業務はおもに外来化学療法センターに通院し、化学療法・ホルモン療法・分子標的治療薬・免疫チェックポイント阻害薬などを実施している患者様を対象に指導しています。

抗がん薬オリエンテーション

抗がん薬治療が開始、変更になる際は入院・外来問わず、患者様やそのご家族に対して薬剤の効果、用法・用量、治療スケジュール、副作用の症状や発現のタイミング、日常生活の注意点などについて分かりやすい説明を実施しています。

治療開始後の関わり

治療開始以降も必要に応じて適宜、抗がん薬を適切に内服できているか、副作用の発現状況、痛みの有無や程度などの確認を行い、医師や看護師と情報を共有し、必要に応じて医師に薬剤や検査などの処方提案を行いながら患者様に円滑かつ効果的、安心・安全ながん薬物療法を提供できるよう医師・看護師などと協働しながらサポートしています。また、がん薬物療法を行う上で適宜、患者様や医療スタッフへの情報提供も実施しています。

感染

感染症治療に関わる薬物療法の適切かつ安全な遂行に寄与することを目的とし下記の活動を中心に行っています。

抗菌薬適正使用

抗菌薬の適正使用の推進を図るため、患者様個々の症状や状況に合った薬物療法や感染対策を感染症医、感染管理認定看護師、臨床検査技師と協議しています。薬剤師は、患者背景、対象臓器、微生物を考慮しempiricに使用されている抗菌薬が適切か否かを判断します。スペクトルが外れている場合は感染症医と相談の上、適切な抗菌薬の検討を主治医へ提案しています。

ICT活動

感染制御チーム(Infection Control Team,ICT)は、ICD(Infection Control Doctor)、薬剤師、感染管理認定看護師、臨床検査技師で構成され1週間に1回程度、院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況の把握・指導を行っています。また、院内感染事例、院内感染の発生率に関するサーベイランスなどの情報を分析、評価し、効率的な感染対策を講じています。

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team, NST)は、栄養状態が悪い患者様に対し、様々な医療スタッフが協力し・連携し、栄養状態の改善を目指すチーム医療です。当院では、医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士、臨床検査技師などの医療スタッフが主治医と連携し、患者様の栄養サポートを行っています。薬剤師は、主に静脈栄養に関する投与設計と栄養管理を担当しています。

TPN調製業務
TPN(Total Parenteral Nutrition)とは食事が経口から摂取できない患者様が生命を維持するために必要なエネルギー、栄養を中心静脈から供給する高カロリー輸液です。TPNは外部からの細菌などの汚染を防ぐために、無菌的に調製する必要があります。当院では365日、患者様に安全に供給できるように無菌的に調製しています。 cat1_img07.jpg
院内製剤業務

当院では、患者様の治療上必要となるが市販されていない薬剤、いわゆる院内製剤を調製しています。調製している院内製剤には、坐剤や軟膏などがあり、全て当院の「医の倫理委員会」にて承認を受けた薬剤となっています。

入退院支援センター業務

予定入院される患者様のお薬手帳や持参されたお薬を確認し入院前の服薬状況の確認、手術や検査の種類によっては休止しなければならないお薬の説明を行なっています。

教育研修制度

教育研修制度は、新人薬剤師を対象としたプリセプター制度と、全薬剤師を対象とした学術ワーキンググループがあります。

プリセプター制度

当院では、2015年度よりプリセプター制度を発足しました。プリセプター制度とは、新人薬剤師を現場の熟達者の先輩薬剤師(プリセプター)が現場で指導する「現場教育訓練」(On the Job Training, OJT)のことです。社会人としての基本的態度、薬剤師としての基礎と業務を着実に身につけることができる独自の教育研修プログラムを作成しています。処方応需、調剤の基本、鑑査方法、投薬窓口業務、電話対応、無菌調製、問い合わせ対応などの業務内容を網羅したチェックリストを使用し指導内容を統一化しています。また、新人薬剤師向けの講義や試験を実施し、薬学的知識の向上を図っています。

プリセプター制度スケジュール

  • 1年目  :内服注射調剤・製剤業務など
  • 2年目  :プリセプター制度の補助として教育研修へ参加、各病棟担当者として配属
  • 3~5年目:プリセプターとして新人薬剤師の指導を担当
学術ワーキンググループ

当院では2017年度に、全薬剤師を対象に個々の臨床薬剤師能力の向上や学術能力の向上を目的として「学術ワーキンググループ」を発足しました。本制度は【医療安全】【栄養】【循環器】【感染】【腎・透析】【がん化学療法】【緩和ケア】【急性期医療】の8グループに分け、臨床研究の実施、学会発表・論文投稿、症例検討会および症例相談会、専門資格取得者による勉強会などを定期的に実施し、各薬剤師の知識向上や学術活動のサポートを行っています。

認定・資格
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 11
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 7
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 2
介護支援専門員 1
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士 1
日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師 1
日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法認定薬剤師 1
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 1
日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師 1
AHA認定 BLSインストラクター 3
日本臨床栄養協会  NR・サプリメントアドバイザー 1
論文・学会
論文
発表年 雑誌名 論題
2018 癌と化学療法誌 患者自宅における抗がん剤曝露防止に関するパンフレットの有用性と薬剤師の意識調査
2017 日本臨床救急医学会誌 プレホスピタルでの薬剤師の関わり~重症薬物中毒搬送の実態から薬学的教育の工夫~
2017 日本臨床腫瘍薬学会雑誌 がん化学療法におけるHBV関連マーカー検査の実施状況調査と医療安全対策の評価
2016 医療薬学 経腸栄養剤投与患者の頭髪中窒素および炭素安定同位体比を用いた栄養状態の評価
学会発表・講演会
発表年 学会名・講演会名 発表様式 論題
2018 第3回乳がん研究会 一般発表 札幌東徳洲会病院における化学療法チーム医療に関する薬剤師の取り組み
2018 小樽オンコロジーセミナー 一般発表 患者自宅における抗がん剤曝露防止に関するパンフレットの有用性と薬剤師の意識調査
2018 平成29年度札幌病院薬剤師会学術シンポジウム シンポジウム 栄養障害を合併した胃がん患者に対する化学療法への介入
2017 日本静脈経腸栄養学会 北海道支部例会学術集会 一般発表 当院救急科におけるリフィーディング症候群リスク患者対応
2017 東日本臨床業務研究会 一般発表 がん化学療法時のHBVスクリーニングに対する医療安全対策の構築~薬剤師の役割りについて~
2017 日本静脈経腸栄養学会学術集会 一般発表 陽イオン含有内服薬とハイネイーゲルおよびマーメッドとの配合におけるLST値の変化
2017 日本臨床腫瘍薬学会学術大会 一般発表 がん患者指導管理業務の取り組みと今後の課題
2017 薬剤師のためのセーフティマネジメントセミナー 講演会 安全文化の構築と薬剤師としての関わり
2017 北海道薬学大会 シンポジウム がん化学療法時のHBVスクリーニングに対する医療安全対策の構築~PBPMを導入して~
2017 日本臨床救急医学会総会・学術集会 一般発表 救急における薬剤師の職能発揮と救急医の求めるもの
2017 日本臨床救急医学会総会・学術集会 一般発表 診療情報提供書から見る薬剤師による持参薬鑑別の有用性
2017 日本中毒学会総会・学術集会 一般発表 テオフィリン中毒の一例からみる救急外来専従薬剤師の意義
2017 北海道救急医学会学術集会 一般発表 薬剤師による救急隊への薬剤講演とその反響
2017 札幌病院薬剤師会会員発表会 一般発表 救急・集中治療薬剤師のアンケート調査結果
2017 小樽ウイルス性肝炎セミナー 一般発表 がん化学療法時のHBVスクリーニングに対する医療安全対策の構築
2017 日本医療薬学会 一般発表 患者自宅における抗がん剤曝露防止に関するパンフレットの有用性と薬剤師の意識調査
2017 日本医療薬学会 一般発表 3年目を迎える新人教育プログラムの成果と課題
2017 日本腎臓病薬物療法学会 シンポジウム ERと腎臓病薬物療法

 

​​