入退院支援センター

2025年、団塊の世代(68歳~70歳)(第一次ベビーブーム)が後期高齢者(75歳以上)になり、これから50年で、人口は1.2億人から8000万人へ、2050年には、単独世帯42.5%となり高齢者独身世帯が増加、「長寿日本一と世界最低水準出生率の組み合わせが長期持続、人口減少ペース世界一、高齢化ほぼ世界一」と、日本の人口動向も大変厳しくなっております。

 このような中、国の医療政策も急速に進んでおり、私たち「人」を取り巻く医療の常識が、どんどん変化しております。一つ例をとれば、最期の場所は、医療・介護・生活支援を地域で一体的に提供する地域包括ケアシステム「病院完結型から地域全体で治し、支える地域完結型へ」によって、「病院」ではなく「在宅」へシフトしています。

 当院の使命としている救急医療、できるだけ多くの人々を「診る・看る・見る」。地域に根差した病院をめざし邁進する。そのためには、地域とのつながりを密にする必要があります。当院としては、地域の方や、医療機関・施設から外来受診・入院等の相談をうける部門(地域医療連携室)と、入院している患者様の退院支援を行う部門(入退院支援室)が一つのチームとして活動を行うことが大切と考えます。このことは、入院前の患者様を支える方(ご家族・施設職員・ケアマネージャー等)と連携をとり、スムーズな退院支援を行い、患者様が適切な時期に適切な場所へ帰るという、切れ目のない支援を行うことに繋がります。

 当部門は、別の部門として活動していた地域医療連携室・退院支援室(退院支援・訪問看護)・がん相談支援センターが統合し、新たに入退院支援部門が設立され、「入退院支援センター」と一つの部署となりました。内訳は、医師1名、社会福祉士9名、退院支援看護師3名、入院支援看護師2名、訪問看護師2名、事務職員4名、がん相談員3名です。

 今後は、入退院支援センター職員一同で、院内外の連携を強化しながら「地域に根差した病院」を目指し活動していきます。

 

 

IMG_93800011.jpg

 

医療相談

 

 医療ソーシャルワーカー(略称:MSW)は、ご病気になった時の思いがけない心配事や今後の生活についての相談をお受けする仕事をしています。

 患者様が安心して療養生活を送ることができるように、患者様やご家族の方と一緒に考えながら不安や心配事の解決に向けてのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 当院では各病棟ごとに担当のMSWを配置しておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

相談内容

 

▶退院後の療養先について

▶医療費や生活費の心配について

▶身体障害者手帳や福祉制度について

▶がんに関する相談について

▶その他、誰に相談したらよいのかわからない心配事など

※相談についての秘密は固くお守りいたします。

 

 

相談受付時間

 

平日  8:30~17:00

土曜日 8:30~12:30

 

上記以外の時間を希望される場合は事前にご連絡ください。

相談ご希望の方は、一階のフロントもしくは病棟スタッフまでお申し付けください。

 

 

 

 

 

​​