循環器内科後期研修プログラム
齋藤Dr.jpg
指導責任者

斎藤 滋(さいとう しげる)

センター長

専門領域

冠動脈インターベンション・循環器病学

認定資格

日本心血管インターベンション学会・理事評議員・ 指導医/日本心血管カテーテル治療学会理事評議員・指導医/日本心臓病学会評議員・Fellow(FJCC)/日本循環器学会認定循環器専門医/日本内科学会認定内科医/FACC(米国心臓病学会正規会員)、FSCA(I 米国冠動脈造影治療学会正規会員)、APSIC(アジア太平洋心臓治療学会)理事長


山崎誠Dr.jpg
指導責任者

山崎 誠治(やまざき せいじ)

副院長

専門領域

冠動脈インターベンション・循環器病学

経歴

平成5(1993)年旭川医科大学卒業。同大学第一内科入局
札幌東徳洲会病院循環器内科、旭川赤十字病院、道立紋別病院を経て札幌東徳洲会病院循環器内科部長。

認定資格

日本循環器学会専門医/日本内科学会総合内科専門医/日本内科学会認定医/日本心血管インターベンション学会認定医・専門医/日本不整脈学会「ペーシングによる心不全治療」研修証取得/日本不整脈学会「植込み型除細器」研修証取得/臨床研修指導医


プログラムの特徴/沿革など

年間約9,000台の救急搬送の中には、急性冠症候群はもとより、心原性ショック等、重症を含む循環器疾患の患者が多く、インターベンションのみならず循環器全般診療を習得することが可能。さらには総合内科の経験スタッフが3名おり、循環器診療だけでなく感染症診療を含む内科一般診療も同時に習得することが可能なのは大きな特徴である。また病棟診療は、循環器専門医をトップとして指導スタッフ数名、後期研修医数名、初期研修医数名のチーム体制をとり、質の高い診療に加え、教育体制を整えている。学会認定医資格をとることはもちろんのこと、臨床研究や論文作成、国内留学や海外留学も積極的に推進している。

到達目標やアウトカム
  1. 循環器医としての根本的診療能力。
  2. 良好なコミニュケーションと行動変容支援。
  3. 医療の社会性【ソーシャルワーク、プロフェッショナリズム・臨床倫理】
  4. その場に応じた問題対応・解決・調整能力。
  5. 医療の質と病院管理【標準的医療・EBMの実践、安全・感染管理】
  6. 臨床の現場で教育の出来る循環器医の育成。を目標として掲げています。
年次到達目標/年間研修スケジュール

年次に関わらず簡単な症例からどんどんPCIを経験してもらっています。その他経食道エコー、心のうドレナージ、心筋生検など積極的に行ってもらいます。また、1年に最低1回以上の全国レベル以上の学会発表(国際学会も含む)や臨床研究の参加、計画、統計処理を含めた解析、論文作成にも関わります。

休暇/学会出張などの条件

休暇は法人の規定に従います。学会出張は、国内学会は、演題発表があれば制限はなく、それ以外は年に2回まで可能です。海外学会は演題発表があれば年に1回 まで可能です。

週間スケジュール

毎朝7時半から前日当日のシネカンファレンス、9時半から新入院重症患者カンファレンス・回診、午後からはカテーテル検査治療、その後各チームによる回診が行われています。当直は後期研修医で週3回程度です。


募集人員

若干名

研修期間

3年、短期は3ヶ月から応相談。

学会施設認定・取得可能な資格など
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターべンション治療学会
  • 日本不整脈学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本冠疾患学会
  • 日本超音波学会
診療実績・データ
  • 年間入院患者実数 3,069名
  • 年間新外来患者数 567名
  • 外来患者延べ数 31,989名
  • CAG 2,664件
  • PCI 871件
現在の指導体制

指導スタッフ5名(内科学会専門医1名、日本内科学会認定医5名、日本循環器学会専門医5名、日本心血管インターベンション学会専門医1名、認定医3名)

研修修了者実績

12名の研修修了者あり

指導医からのメッセージ

毎日行われる心臓カテーテル検査・治療にチームの一員として参加して、診断から治療方法選択の過程を考える思考力を培います。 循環器救急疾患に対しては、救急センター搬送時の初期診療(電気的除細動や気管内挿管)から、心血管造影室での緊急PCI、集中治療室での循環呼吸管理・輸液管理・IABPやPCPSなどの補助循環管理、 一般病棟での薬物療法・心臓リハビリテーション・生活指導まで行い、退院に至る一連の経過を経験できます。豊富な症例数、広範囲な治療内容など、総合的な循環器診療能力では北海道随一の規模といえます。また臨床のみならず、臨床から得られた知見を積極的に学会発表や医学論文として世界中に発信していくようにしています。

後期研修医からのメッセージ

心臓血管超音波検査や心臓カテーテル検査など多忙な中にも充実した毎日を過ごしています。このようなトップレベルの施設での循環器研修ができることに大変感謝しています。循環器内科は本当に多忙ですが、大変やりがいのある臨床部門です。是非、後に続く皆さんが選択されることをお薦めします。

修了者の進路

当院の初期研修を修了後8名がスタッフとなっています。


​​