禁煙外来

禁煙外来では「ニコチン依存症」の方を対象に治療を行っています。2006年6月から、禁煙治療に保険が使えるようになり、 腕にパッチを貼るだけで、ヘビースモーカーでも約2ヶ月でかんたんに禁煙を行うことが出来、タバコをやめたい方を医療で補助することが可能になりました。家庭や職場でも「喫煙禁止」の場所がどんどん広がり、愛煙家の方にはちょっと肩身が狭い環境になって来ています。禁煙を考えている方も、これまでうまくいかなかった方もこれを機会に禁煙にチャレンジしてみませんか?

禁煙外来で保険診療の対象となる条件
保険適用対象患者は、4条件を満たすことが必要となります。

 

  1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS、アンケート)で、ニコチン依存症と診断された方であること。
  2. ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方であること。
  3. 直ちに禁煙することを希望している方であること。
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している方であること。

 

※保険適用にならないケースもありますので、詳しくはご相談ください。
※保険適用の確認シートは以下のリンクから表示ができます。

診察の流れについて

治療費用は、経口禁煙補助薬(飲み薬・1日2回)を使用した場合には通常3割負担で17,000円程です。

上記の金額は保険適応時の初回~5回目までの合計金額です。診察料・処方せん料・ニコチン依存症管理料・禁煙補助薬代が含まれています。

 

  1. 最初に「ニコチン依存症のスクーリングテスト(TDS)」及び「ブリンクマン指数」を測り、現在の喫煙状況を確認させていただきます。

 

  1. この結果により保険適用が可能であるか判定されますが、保険適用外であっても自由診療による禁煙治療や禁煙支援を受けることは可能です。

 

  1. 担当医も禁煙が成功するまでねばり強く支援いたします。また、「なぜ禁煙したいのか?」ということを忘れないためにも禁煙の理由を記載し、達成可能な目標(〇月〇日まで禁煙を続ける・・・など)の設定を行います。

 

  1. 初診日に「禁煙日誌をお渡ししますので、1日の喫煙本数および使用した禁煙補助薬を毎日記録してください。服用を開始してから1週間後に禁煙を開始します。

 

  1. 治療は5回行われ2回目は2週後、3回目は4週後、4回目は8週後、5回目は12週後となります。経口禁煙補助薬(飲み薬)を使用する方は、上記の他、6週後と10週後にも受診ください。
診療ご予約について

禁煙外来は、完全予約制となっておりますので、受診の際には事前にご連絡をお願いいたします。
「禁煙治療(もしくは禁煙支援)の件」とお伝えいただけましたら、循環器外来の担当者がご予約を承ります。

  • 診療日時/隔週火曜日 14:30~16:30
  • 担当医 山崎誠治(循環器内科部長)
​​