外科

 消化器外科を中心に外科領域全般にわたり診療を行っています。胃・大腸・肝臓・胆道・膵臓などの消化器癌に対する外科的切除術を数多く行っております。消化器内科、放射線科と協力して患者さまそれぞれに最適な治療を提供できるよう取り組んでおります。

 一方で、急性虫垂炎・鼠径ヘルニア・胆石症などの良性疾患に対する手術、腹膜炎や腸閉塞などの急性腹症に対する緊急手術も数多く行っております。

 クローン病、潰瘍性大腸炎に対する外科治療も数多く行っており、当科の特色の1つです。

 スタッフは5名体制で、徳洲会病院の理念を念頭に「24時間、365日」緊急手術に常に対応できるようにしつつ、先進的・専門的医療を目指して取組んでいます。

 外来では、術後の患者さまの経過観察や、良性腫瘤の摘出(粉瘤・脂肪腫など)、表在の外傷(切り傷、擦り傷、咬傷、挫創、やけど等)の消毒や縫合等の処置を行います。けがをされた際は早めの処置が大切です。外来診療は午前に行っていますので、受診してください。

 

診療スケジュール
受付時間 診察開始 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜

7:00~11:30

9:00

-

16:00~19:00

17:00

-

 

主な疾患
  • ①良性疾患:虫垂炎、鼠径ヘルニア、腸閉塞、胆石、胆のう炎、痔、皮下腫瘤、粉瘤など
  • ②悪性疾患:胃、大腸、肝臓、胆道、膵臓などの消化器癌
  • ③炎症性腸疾患:クローン病、潰瘍性大腸炎など
診療スタッフ
 
外科 萩原Dr(部長).jpg
萩原 正弘
主任部長
資格・専門医

日本外科学会認定外科専門医/日本消化器病学会認定消化器病専門医・消化器病指導医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医/日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医/日本肝臓学会認定肝臓専門医/日本肝胆膵外科学会認定肝胆膵外科高度技能専門医/日本救急医学会認定救急科専門医/日本腹部救急医学会認定腹部救急認定医・腹部救急教育医/日本外傷学会認定外傷専門医/日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医

その他

日本肝胆膵外科学会学会評議員/日本腹部救急医学会学会評議員/日本Acute Care Surgery学会 Acute Care Surgery認定外科医

 

深堀外科医長.jpg
深堀 晋
部長
資格・専門医

日本外科学会認定外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医

 

外科 高橋Dr(部長).jpg
髙橋 徹
部長
資格・専門医

日本外科学会認定外科専門医・外科指導医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医/日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医/日本移植学会認定移植認定医/日本ロボット外科学会認定国内B級/日本消化器病学会認定消化器病専門医

その他

日本内視鏡外科学会技術認定(消化器・一般外科領域)/Certificate of da Vinci System As a Console Surgeon(Si・Xi)ロボット支援下手術認定(胃)

 

前島外科医長.jpg
前島 拓
医長
資格・専門医

日本外科学会認定外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医

 

外科 宮﨑Dr(医長).jpg
宮﨑 大
医長
資格・専門医

日本外科学会認定外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医/日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医/日本腹部救急医学会認定腹部救急認定医/日本消化器病学会認定消化器病専門医/日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医

その他

日本内視鏡外科学会学会評議員

 

m23_simg01.jpg
糸井 裕理
 
資格・専門医

 

医療関係の方へ

消化器外科を中心に、一般外科・一部呼吸器外科まで幅広く担当しています。緊急手術は全手術数の約30%を占め、当院の特色の一つである救急疾患に対応しています。

一方で、消化器癌に対する外科手術を中心とした集学的治療や、炎症性腸疾患に対する外科治療といった専門性の高い治療も積極的に行っています。近年、当科でも腹腔鏡下手術の適応範囲を拡大してきています。2020年は胆嚢摘出術の81%(前年87%)・虫垂切除術の95%(同93%)、ヘルニア修復術の82%(同72%)が腹腔鏡手術で施行されたほか、大腸悪性腫瘍手術でも73%(同67%)と腹腔鏡手術が増加しています。今後は胃切除術や腹膜炎手術でも腹腔鏡手術の症例を増やしていきたいと考えています。

対象疾患・治療
  • ①良性疾患:虫垂炎、鼠径ヘルニア、腸閉塞、胆石、胆のう炎、痔、皮下腫瘤、粉瘤など
  • ②悪性疾患:胃、大腸、肝臓、胆道、膵臓などの消化器癌
  • ③炎症性腸疾患:クローン病、潰瘍性大腸炎など
診療科実績(2021年)
胃癌手術 16
大腸癌手術 55
肝胆膵手術(胆嚢摘出術を除く) 18
炎症性腸疾患手術 33
胆嚢摘出術 62
虫垂切除術 51
ヘルニア手術 72
患者さまのご紹介・お問い合わせ先

入退院支援センター 地域医療連携室

TEL 011-722-1117(直通) FAX 011-712-5118(直通)

受付時間:【平日】9:00~17:00 【土曜】9:00~12:30

外科医募集

当科では共に勉強し働く外科医を募集しています。

当科の特徴は、年間9,000台の救急搬入を背景とした緊急手術の多さが特徴です。後期研修医に必須な手術例(虫垂炎、ヘルニア、イレウス、消化管穿孔など)が豊富で、短期間に多数の症例を経験することができます。
一方で、近年は悪性腫瘍、炎症性腸疾患などに対する待期的手術も増加しています。従って、後期研修を終了して消化器外科専門医を目指す医師にも効率よく経験を積む上で良好な環境です。

常に緊急手術に備えた忙しい環境ではありますが、毎朝カンファレンスを行い各医師が全ての患者さまの情報を共有しています。これにより交代で安心して休みがとれたり、学会出張に出かけられたりできるようになっています。
患者さまごとに主治医は決めますが、若い医師でも方針については経験豊かな医師に常に相談できる環境にあります。

多くの手術経験を望む先生方をお待ちします。
われわれは他施設との交流も重要と考えていますので、短期間(3~6ヶ月など)での参加も歓迎します。
また、当科の職務は多岐にわたるので、日中(あるいは夜間)のみといった限定的な形での就労も可能です。子育てをしながら外科医としてのキャリアを維持したいと考えている女性外科医(あるいは外科医希望の後期研修医)、なんらかの事情によりフルタイムでの就労が難しい医師にも良い環境です。
もちろん、すでに専門的な外科治療分野を持つエキスパートの先生方も歓迎します。当院で可能な新たな専門分野を確立すべく、病院として協力できると思います。

​​