整形外科外傷センター
2019年4月1日 札幌東徳洲会病院「整形外科外傷センター」始動
一貫した外傷治療体制のもと、早期の社会復帰を目指し全力で取り組みます。

 重症四肢損傷(四肢挫滅損傷、神経・血管損傷、軟部組織欠損、開放骨折)、関節内骨折から一般的骨折まで365日24時間体制で対応します。特に重症四肢損傷治療においては日本で最高の医療を提供します!

 

 

 

docter_photo.jpg

土田 芳彦
札幌東徳洲会病院 整形外科外傷センター長・湘南鎌倉総合病院 外傷センター長
経歴等

1988年 北海道大学卒業

日本整形外科学会専門医/日本救急医学会専門医/日本手外科学会専門医/日本外傷学会専門医/

日本マイクロサージャリー学会評議員/日本外傷学会評議員/日本骨折治療学会評議員/AOTrauma Japan副理事長(教育委員長)

湘南・札幌外傷整形外科研究所代表

 

センター長ご挨拶

 外傷患者さまの多くは運動器外傷(整形外科外傷)を合併しています。そのため当院の外傷センターは外傷整形外科医が中心になって運営されています。外傷患者さまはまずERに搬入され、ER専従医と外科医、外傷整形外科医が中心になって初期治療を開始します。そしてその後、綿密な計画の元に根本的な手術加療とリハビリテーションを行い、自宅退院あるいは転院されることになります。退院、転院後も定期的に外来での治療が継続されます。また、患者さまの医学的情報は画像写真も含めて、パソコンにて一貫管理され学術的活動に反映され、将来の外傷患者さまに還元されていきます。

 札幌東徳洲会病院整形外科 外傷センターをよろしくお願い致します。

 

 

外傷センター通信3p.png

2019-02-05_094228.png

 

幅広く対応.png

1.png 2.png
3.png 4.png
外傷センターの症例
下肢重症関節内骨折

【40歳男性】左下腿遠位部粉砕骨折骨接合術

2019-02-19_192332.jpg

寛骨臼骨折

【53歳女性】右寛骨臼両柱骨折

2019-02-19_192419.jpg

 

※刺激の強い写真が含まれております。

施設認定

日本整形外科学会専門医制度研修施設

診療スタッフ
村上Dr(外傷).jpg
村上 裕子
副センター長・部長
資格・専門医

日本整形外科学会専門医

 

原Dr(外傷).jpg
原 敬
医長
資格・専門医

日本整形外科学会専門医

 

佐藤和生Dr(外傷).jpg
佐藤 和生
医長
資格・専門医

日本整形外科学会専門医/臨床研修指導医

 

佐藤Dr(外傷).jpg
佐藤 亮
医長
資格・専門医

日本整形外科学会専門医

 

外傷 伊澤Dr.jpg
伊澤 雄太
 
資格・専門医

 

 

外傷 小林Dr.jpg
小林 悠人
 
資格・専門医

 

 

m23_simg01.jpg
塩田 惇喜
 
資格・専門医

 

 

m23_simg01.jpg
小島 安弘
非常勤
資格・専門医

日本整形外科学会専門医/日本手外科学会専門医

 

麻酔部門

 

小松Dr(外傷).jpg
小松 徹
麻酔部門長
資格・専門医

日本麻酔科学会指導医/日本麻酔科学会専門医/厚生労働省麻酔科標榜医/日本ペインクリニック学会専門医/日本集中治療医学会集中治療専門医/日本医師会認定産業医

 

三澤医局長.jpg
三澤 学
部長
資格・専門医

日本麻酔科学会指導医/日本麻酔科学会専門医/厚生労働省麻酔科標榜医/臨床研修指導医/日本医師会認定産業医

 

 

外傷 麻酔 仙石Dr.jpg
仙石 和文
部長
資格・専門医

日本麻酔科学会指導医/日本麻酔科学会専門医/厚生労働省麻酔科標榜医

 

 

患者さまのご紹介・お問い合わせはコチラ

 

  • 急を要する患者さまは「外傷患者の依頼」とお伝えください。救急センター外傷センター医師が対応いたします

TEL 011-722-1110(代表)

 

  • 急を要さない患者さまは地域連携室

TEL 011-722-1117(直通)

診療科実績(2019年)
  • 年間手術件数:1002件
学会・研究活動(2019年)
  1. ロッキングプレートを用いて治療した第一中手骨基部骨折の検討
    原 敬、土田芳彦、村上裕子
    日本手外科学会
  2. 上肢阻血肢の劇的再建後、昨日再建はなされているか?
    佐藤 亮、土田芳彦
    日本外傷学会
  3. イリザロフとマイクロサージェリーの融合症例とは?
    佐藤 亮、土田芳彦
    JSETS
  4. 下腿開放骨折 Gustilo3B 土田分類4群の再建法と成績
    村上裕子、土田芳彦、原 敬、佐藤 亮
    JSETS
  5. 膝窩動脈損傷13例の検討
    村上裕子、土田芳彦、原 敬、佐藤 亮
    北海道整形外科外傷研究会
  6. 足部挫滅損傷の治療経験
    中村夢志郎、土田芳彦、村上裕子、原 敬、佐藤和生、佐藤 亮
    北海道整形外科外傷研究会
  7. 脛腓骨遠位骨幹部骨折の術後感染・偽関節の一例
    袖山洋平、土田芳彦、村上裕子、原 敬、佐藤和生、佐藤 亮
    北海道整形外科外傷研究会
  8. 上肢 major 切断および Gustilo3C 開放骨折の治療戦略
    佐藤 亮、土田芳彦
    日本マイクロサージェリー学会

 

整形外科外傷センタースタッフ募集・後期レジデント募集

fe98c2215d72058a7a0f71db1ee54ec7d177cf16.jpg

 

 

専門領域(連携施設)

四肢骨盤外傷の手術症例数は人口1万人あたり150-160例と非常に多いものですが、その施行は決して容易ではありません。

良き治療技術を習得するために、多くのセミナーが開催されていますが、実診療を通しての習得に遠く及びません。

「湘南・札幌外傷整形外科研究所」では、「湘南鎌倉総合病院」と「札幌東徳洲会病院」に「学習」「実践」「習得」の場を提供します。

厳しいセンター長のもとで激しいトレーニングを積み、今までとは異なる外傷整形外科医へと変化しましょう。

2020年4月からの仲間を募集します。ご応募ください!

 

湘南鎌倉総合病院、札幌東徳洲会病院

外傷センター長 土田 芳彦

 

 

応募条件

・「外傷整形外科習得に情熱があること」1点のみ

 

選考方法

・「当院外傷センターにて面接」のみ

 

お問い合わせ

・【医局事務管理室 担当:永井・松山】までお願いします。

TEL :  011-722-1110(代表)

E-Mail : ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp

​​