「がん」への取り組み
1986年2月に開設された札幌東徳洲会病院は、当初は地域医療に貢献するために、まず救急疾患をしっかりと診療することができる体制の構築に注力してまいりました。実際、現在当院の救急車搬送件数は北海道内トップクラスであり、毎日多くの救急患者さまの診療にあたっています。
ところで、日本人の死亡原因のトップにあげられる疾患はといえば、昨今の報道でもよくいわれていますが、実は「がん」が最も多いのです。日本人の半分はがんに罹患し、3分の1はがんで亡くなる時代なのです。当院ではいままで地域の皆さまの健康に役立つために多くの診療科を開設してきました。そのなかで、がん診療にも対応できる診療科も増やしてきました。さらに予防医学のなかでがんを早期発見する検診体制も構築し、がんの検診、診断から治療までを任せていただける病院作りをしてまいりました。その結果、2017年4月から北海道がん診療連携指定病院に認定されております。
がんという病気は、頭の先から足のつま先まで様々なところにできる可能性があるのですが、当院ではとくに日本人に多いとされる肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、をはじめ、膵がん、肝臓がんなど多くのがんを診療できる体制を整えております。体制としては、まずは外科手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療、緩和治療などが挙げられますが、高度な診療のためのPET-CT検査、最新型の放射線治療機器(True Beam)、化学療法専用センター、内視鏡センター、集学的治療に対応する血管造影装置、無菌室も揃えています。
有名人ががんを患いその報道を最近よく耳にしますが、一般のかたにとっては理解が難しい病気でもありますからご自身の健康についても不安を抱えていらっしゃるかたも多いのではないでしょうか。札幌東徳洲会病院では様々ながん診療を、各領域の専門医を中心とした万全の体制で診療いたします。また必要であれば、がん専門施設との連携も行っております。ぜひ当院へご相談ください。

病院長 太田智之

札幌東徳洲会病院での「がん治療」について
がん治療の3本柱
手術療法
化学療法
放射線療法
予防・健診
セカンドオピニオン
当院医師のがんに関わる資格、認定の紹介
消化器内科
太田 智之 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
水上 裕輔(医学研究所) 日本がん薬物治療認定医機構暫定教育医
IBDセンター
伊藤 貴博 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
外科
河野 透 アメリカがん治療学会(ASCO)国際会員
ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO)国際会員
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん認定医
日本癌治療学会・日本腫瘍学会暫定指導医
吉川 大太郎 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
王 利明 日本がん治療認定機構がん治療認定医
乳腺外科
南 盛一 日本乳癌学会乳腺専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本乳癌学会乳腺専門医認定医
がんのリハビリテーション研修会修了者
呼吸器内科
 成夫 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
本田 亮一(非常勤) 日本臨床腫瘍暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
肺がんCT検診認定医
放射線科
齋藤 博哉 日本がん治療認定医機構暫定教育医
耳鼻咽喉科
國部 勇 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医・暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
駒林 優樹 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了