乳腺外科
診療スタッフ
南部長.jpg
南 盛一
部長
資格・専門医

日本外科学会専門医/日本乳癌学会乳腺専門医/日本がん治療認定機構がん治療認定医/日本医師会認定産業医/がん治療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修修了

診療科紹介

当科は2013年4月に開設した新しい診療科です。主に、乳癌に関わる検査、診断、治療を行っておりますが、乳腺症、乳腺炎などの良性疾患の診断、治療も行っております。
乳腺疾患の診断を行うのに必要な検査は第一にマンモグラフィと乳房超音波検査です。それらの検査によって乳癌などの腫瘍性病変が疑われた場合に針生検などの組織学的検査が必要となります。手術が必要になった場合には、乳房造影CT、乳房MRIで乳腺腫瘍の広がりを評価し手術に臨みます。悪性疾患の場合には、さらに遠隔転移の有無を確認する必要もあります。
乳癌に対する薬物療法の進歩は目覚ましく、多くの方が化学療法の対象になりますが、化学療法センターで専任の看護師が行っております。
乳腺外科の入院患者さんは主に手術目的に入院される方がですが、放射線治療や化学療法、緩和ケアや終末期医療を目的に入院される方もおられます。
手術は温存療法を基本に考えておりますが、必要ならば乳房切除や腋窩郭清も行います。当院は乳房再建の施設認定も受けておりますのでインプラントによる乳房再建も実施可能になっております。
乳癌の手術は温存療法が主流になっており、術後の温存乳房への放射線照射が必須です。当院でも放射線治療が行えるようになり診療の幅が格段に広がりっております。また、乳癌は骨、脳といった遠隔転移を来すことも多い疾患であり放射線療法の対象となる患者さんは今後も増えることが予想されます。
以上のように乳腺疾患のことならどのようなことにも対応可能です。お気軽に御相談ください。

診療科実績(2013年4月1日~2017年3月31日)

当院で乳がん検診を受けた女性は1,784名。乳がんの手術を受けた症例数は125名。

学会・研究活動

当院で乳がん検診を受けた女性は1784名。乳がんの手術を受けた症例数は125名。

  1. 癌性腹膜炎で再発した乳癌の1例
    第25回 日本乳癌学会学術総会(2017年7月14日~16日、福岡市)
  2. 耳下腺転移による顔面麻痺を呈した乳癌の2例
    第18回 乳癌最新情報カンファレンス(2017年8月4日~5日、京都市)
  3. 当院における乳腺外科開設以降4年間の乳癌検診の成績
    第27回 日本乳癌検診学会学術総会(2017年11月10日~11日、徳島市)
乳がん検診のご案内

受診日が増え受けやすくなりました。
検査は女性技師が対応いたします。

検査内容
  • 問診
  • マンモグラフィ
  • 乳房エコー
  • 乳腺外科医師による視・触診

※札幌市、石狩市の乳がん検診も行っております。
お問い合わせは、健診センターまで

実施日程
火曜 午後
水・木・金曜 午前
第1水曜 夕方
第3土曜 午前(女性限定)

 

​​