JCI認証

札幌東徳洲会病院は平成27年12月19日、JCI (Joint Commission International)より認証を受けました。
JCIとは、患者さんの安全性が担保されているか、高品質な医療が提供されているか、院内に継続した改善活動が行われる仕組みを有しているかを評価する認証機関であり、世界中で最も厳しい基準をもつ医療施設評価機構とされています。
審査は3年毎に行なわれ、その都度審査内容が厳しくなります。
札幌東徳洲会病院は、自分達の視点だけで病院運営を評価するだけではなく、世界で最も厳しい基準を持つ認証機構の評価を受ける事により、当院に来られる患者さんやご家族の方々へ、安心、安全で質の高い最善の医療が提供できることを今後も目指してまいります。

img_jci.jpg
JCIとは

米国の医療施設を対象とした第三者評価機関で1951年に設立されたJoint Commission(JC)の関連組織で、国際事業部として1994年に設立され国際非営利団体Joint Commission Internationalの略称です。 JC、USA/ISO9000等の全ての基準が含まれる内容として全世界194カ国全てを対象に活動しています。本部はシカゴにあり、ミラノ、ドバイ、シンガポールに支部があります。世界80カ国801の施設がJCIを取得しています。

JCIのミッションは継続的な教育やコンサルテーションサービス、国際認証・証明の提供を通じて、国際社会における医療の安全性と品質を向上させる事です。

 

JCI評価領域
第1章 IPSG 国際患者安全目標
第2章 ACC ケアへのアクセスとケアの一貫性
第3章 PFR 患者と家族の権利
第4章 AOP 患者のアセスメント
第5章 COP 患者のケア
第6章 ASC 麻酔と外科治療
第7章 MMU 薬剤の管理と使用
第8章 PFE 患者と家族の教育
第9章 QPS 質の改善および患者安全性
第10章 PCI 感染の予防と管理
第11章 GLD ガバナンス、リーダーシップおよび指示
第12章 FMS 施設管理および安全性
第13章 SQE スタッフの資格と教育
第14章 MOI 情報管理

 

​​