特定健診・特定保健指導

平成18年に成立した医療制度改革関連法のなかで、平成20年4月からメタボリックシンドロームに着目した生活習慣病の予防事業が義務付けられました。 具体的には40歳~74歳の被保健者・被扶養者を対象に特定健診を行い、生活習慣病の当該者や予備軍を抽出し、特定保健指導を行うことで『発症・重症化を減らす』ものです。
当院は平成18年度に厚生労働省の補助事業「メタボリックシンドロームの予防に着眼した保健指導の実施準備事業」をおこないました。その経験を踏まえて20年度からの特定健診・特定保健指導を実施いたします。

特定健診
必須事項
  1. 質問票…服薬歴・喫煙歴 等
  2. 身体測定…身長・体重・ BMI ・腹囲
  3. 血圧測定
  4. 血液検査…脂質検査(中性脂肪・HDL-コレステロール・LDL-コレステロール)・血糖検査(HbA1c、空腹時血糖)
  5. 肝機能検査(AST・ALT・γ-GTP)
  6. 検尿…糖・蛋白
  7. 医師診察
  8. 医師の判断による項目…(12誘導心電図・眼底写真・貧血検査)

 

  • 40歳以上74歳未満の健康保険(社保・国保)加入者に受診券が届きます。お手元に届いた受診券の案内に従って、当院の健診センターにお申し込みください。
詳しくお聞きになりたい方、お問い合わせは下記までお願いいたします。
札幌東徳洲会病院 ふれあい健診センター

TEL:(011)722-1120/FAX:(011)722-1175

健康機関情報は下記を参照してください。
特定保健指導
動機付支援
支援期間

6ヵ月

支援方法

個人面接

  • 初回:目標設定とアドバイスを提示します。
  • 2回目(6ヵ月後):身体計測、血圧測定、採血により達成度の確認と今後のアドバイスをします。
料金:7,350円(※健康保険の種類によって自己負担金が違います。)

 

積極的支援
支援期間

6ヵ月

支援方法

個人面接

  • 初回:目標設定とその対策に向けた「食事」「運動」のアドバイスを提示します。
  • 2回目以降:面接(身体計測、血圧測定、採血、運動指導)、メール、手紙などにより中間の成果確認と目標の再設定をし、今後のアドバイスを提示します。

※6ヵ月間ヵにわたり面接やメール、手紙の交換でサポートを続け、目標到達を目指します。

※4ヵ月目目~6ヵ月目までは、オプションとして個別面接(身体計測、血圧測定、採血)があります。

料金:23,100円(※健康保険の種類によって自己負担金が違います。)
特定保健指導機関情報は下記を参照してください。
メタボリックシンドロームとは

肥満症や高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。

このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といい、治療の対象として考えられるようになってきました。

関連リンク
特定健診・特定保健指導のお申し込み・お問い合わせ

お電話または、3階健診センター窓口へ直接お越しください。

予約受付時間 9:00~11:00 13:00~16:00(土・日・祝日は休み)

申し込み・お問い合わせ先
札幌東徳洲会病院ふれあい健診センター

〒065-0033 札幌市東区北33条東14丁目3-1

TEL:011-722-1120 FAX:011-722-1175

 

 

​​