IBDセンター
診療スタッフ

内科部門

前本副院長.jpg
前本 篤男
副院長・IBDセンター長
資格・専門医

日本内科学会認定内科医/日本消化器病学会専門医・指導医(支部評議員)/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医(支部評議員、学会学術評議員)/カプセル内視鏡学会認定医/大腸検査学会(支部・本部評議員)/日本炎症性腸疾患学会/大腸肛門病学会/日本消化管学会/小腸学会/日本癌治療学会/日本アフェレシス学会/日本医工学治療学会/日本免疫学会/日本消化器免疫学会/日本再生医療学会/日本神経消化器病学会/日本病態栄養学会/腹部救急医学会/日本クリニカルパス学会/医療の質・安全学会/日本医療マネジメント学会/American Gastroenterological Association (AGA) international member/International Society for Apheresis (ISFA) /Asian Organization for Crohn’s & Colitis (AOCC)/European Crohn’s and Colitis Organization (ECCO)/The International Society for Quality in Health Care (ISQua)/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医

 

55_DSC1767.jpg
古川 滋
部長
資格・専門医

日本内科学会認定医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本大腸肛門病学会専門医/カプセル内視鏡学会認定医/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医/日本消化管学会専門医/日本炎症性腸疾患学会/日本小腸学会

 

伊藤部長.jpg
伊藤 貴博
部長
資格・専門医

日本内科学会認定医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医 (支部評議員)/日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医 (支部評議員、学会学術評議員)/日本カプセル内視鏡学会認定医・指導医 (学会代議員)/日本肝臓学会肝臓専門医/日本消化管学会胃腸科専門医・指導医/日本がん治療認定医機構 がん治療認定医/日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医/難病指定医、小児慢性特定疾病指定医/日本アフェレシス学会/日本消化器免疫学会/日本消化器がん検診学会/日本大腸肛門病学会/日本炎症性腸疾患学会/日本静脈経腸栄養学会/日本大腸検査学会/日本小腸学会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)

 

佐藤允洋Dr(消化器).jpg
佐藤 允洋
 
資格・専門医

 

 

IBDセンター 庄司Dr.jpg
庄司 裕佳子
 
資格・専門医

 

 

07_DSC0449.jpg
西村 東人
非常勤
資格・専門医

日本外科学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/マンモグラフィ読影認定医/日本消化器病学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本乳癌学会/日本静脈経腸栄養学会/栄養指導者協議会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医

 

折居 史佳
非常勤
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本消化器病学会指導医/日本消化器内科学会指導医/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医

 

外科部門

河野 外科先端外科センター長.jpg
河野 透
先端外科センター長 兼任
資格・専門医

日本外科学会(専門医、指導医)/日本大腸肛門病学会(専門医、指導医、評議員)/日本肝臓学会(専門医、指導医、東部会評議員)/北海道外科学会(評議員)/日本消化器病学会(専門医、指導医、支部会評議員、学会評議員)/日本消化器外科学会(専門医、指導医、消化器癌認定医)/日本臨床外科学会(支部会評議員)/日本内視鏡外科学会(評議員)/日本消化管学会(評議員、胃腸病専門医)/日本神経消化器病学会(評議員)/日本ヘリコバクター学会(ヘリコバクター治療認定医)/日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)/国際小腸移植学会 編集委員, Editorial Board/分子消化器病/The Open Colorectal Cancer Journal/臨床研修指導医 The American Motility Society Young Investigator’s Award (H14) 腹部救急医学会 会長賞 (H16) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H22) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H27)

参加学会および学会認定

大腸肛門病担当 (大腸癌・直腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病など) アメリカ消化器病学会(AGA) 国際会員/アメリカ癌治療学会(ASCO)国際会員/ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO)国際会員/アメリカ クローン病・腸炎学会(CCFA)国際会員/ヨーロッパ クローン病・腸炎学会(ECCO)国際会員/アメリカNitric Oxide学会 国際会員/国際小腸移植学会 国際会員

 

07_DSC0449.jpg
西村 東人
非常勤
資格・専門医

日本外科学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/マンモグラフィ読影認定医/日本消化器病学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本乳癌学会/日本静脈経腸栄養学会/栄養指導者協議会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医

診療科紹介

炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory Bowel Disease)とは、原因不明の難治性の腸疾患で、おもに潰瘍性大腸炎(UC:Ulcerative Colitis)やクローン病(CD:Crohn’s disease)を指します。患者数は年々増加し、潰瘍性大腸炎は17万人、クローン病は4万人(平成26年度特定疾患医療受給者証所得者数;http://www.nanbyou.or.jp/entry/1356、2018年5月21日)と言われています。発症年齢は主に20歳前後の発症が多いものの、潰瘍性大腸炎は50歳〜60歳など比較的高齢での発症も増えてきています。一方で近年さまざまな治療法が開発され、治療法の適切な選択や個々の患者さまに合わせた調節により、より効果的な内科治療ができるようになってきました。

当科は、このような炎症性腸疾患の診断と治療を行うための専門科として2008年に開設されました。現在は5名の常勤医と2名の非常勤の専門医師により外来・入院の診療をしています。IBDの診断は時に困難な場合もありますが、当院では豊富な経験から早期から的確に診断するように務めています。上部・下部内視鏡検査はもとより、特に小腸の検査に力を入れており、順行性・逆行性の小腸造影検査、小腸MRI検査、カプセル内視鏡検査、バルーンアシスト小腸内視鏡検査にて診断をしています。潰瘍性大腸炎においては検査の負担を軽減するために体外式腹部超音波検査も多用しています。治療にあたっては現在本邦で治療可能な標準治療はすべて行うことができます。その患者さまのその時の状態や希望に合わせて的確に治療を選択し、また投与量や投与法も調節して、より早く寛解導入され状態が安定すること、また長期に寛解を維持することを目指しています。また必要であれば外科部門・河野透先生ら、および当院外科と協力し適切な外科治療が安心して受けられる体制を整えています。

 

IBDチーム医療の推進

安心して検査や治療を受けられるよう、当院では多職種によるチーム医療の構築に心がけています。看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技士、放射線技師など様々な職種がIBDを理解し、患者さまが病気を抱えながらも日常生活を普通に送れるためのパートナーとして活躍できるように努めています。また、札幌市内、北海道内、国内の多くの医療機関と連携をして地域とのチーム医療の構築にも取り組んでおります。当院には国際支援室があるため外国語言語の患者さまの受け入れもしています。

さらにIBDの病態を理解し、病因の解明、新規治療の開発をするために様々な臨床研究、新規薬剤の臨床試験に携わっています。

これらのように、当IBDセンターは、チーム医療に基づいて基本的な治療から最先端の診断法、治療法を行い、さらに将来の臨床にも役立つ研究も行いながら、病因の解明および治療を総合的に行うIBD専門センターとして診療しています。

 

無題7.png

 

外来診療担当医

2021年4月~

内科部門

診療時間 受付開始時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
9:00~11:30 7:00

佐藤

折居 前本 古川 伊藤 交替

13:00~15:00

12:00 佐藤 折居 前本 古川 伊藤
17:00~19:00 16:00 交替

 

外科部門

診療時間 受付開始時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
13:00~15:00

12:00

河野 透

(要予約)

診療科実績(2020年)
  • 外来通院患者数(実受診人数)
    潰瘍性大腸炎:741人、クローン病:425人、その他:18人
  • 入院患者数(のべ入院数)
    潰瘍性大腸炎:72人、クローン病:156人、その他:3人
  • 検査件数(のべ件数)
    内視鏡検査
    上部内視鏡検査 164件
    下部内視鏡検査(含む逆行性回腸造影) 630件
    バルーンアシスト小腸内視鏡検査 53件
    カプセル内視鏡検査 47件
    X線検査
    順行性小腸造影検査 10件
    逆行性小腸造影検査 131件
    MRI検査
    小腸MRI検査 14件
    体外式超音波検査
    体外式超音波検査全体 397例 705件
    潰瘍性大腸炎 318例 609件
    クローン病 75例 91件

 

  • 内科治療(*重複あり)
    潰瘍性大腸炎の内科治療:784例
    アミノサリチル酸製剤

    79.5% 623例*(ペンタサ286例、アサコール108例、リアルダ271例)

    (ペンタサ坐剤132例、ペンタサ注腸140例)

    ガストローム治療 13.7% 107例*(ガストローム坐剤31例、ガストローム注腸81例)
    白血球除去療法 1.8% 14例*(G-CAP13例、CFLA1例)
    ステロイド治療 16.6% 130例*(PSL静注8例、PSL内服58例、レクタブル注腸82例)
    チオプリン製剤 26.9% 211例*(AZA142例、6MP77例)
    生物学的製剤 20.7% 162例*(レミケード53例、ヒュミラ42例、シンポニー22例、ステラーラ20例、エンタイビオン35例)
    JAK阻害剤 2.3% 18例
    タクロリムス 0.3% 2例
    クローン病の内科治療:446例
    アミノサリチル酸製剤 75.8% 338例(ペンタサ337例、アサコール1例、ペンタサ坐剤1例)
    ステロイド治療 15.9% 71例*(PSL内服4例、ゼンタコート69例)
    チオプリン製剤 50.0% 223例*(AZA169例、6MP56例)
    生物学的製剤 76.7% 342例*(レミケード168例、ヒュミラ68例、ステラーラ109例、エンタイビオン23例)
    経腸栄養療法 56.5% 252例(その内、経鼻経管栄養療法115例)
    内視鏡的バルーン拡張術 12.3% 55例/70回(上部内視鏡1回、下部内視鏡31回、小腸内視鏡37回、術中内視鏡1回)

 

  • 外科治療
    潰瘍性大腸炎の外科治療
    腸管切除術 4例(大腸亜全摘術2例、部分切除/残存大腸直腸切除2例)
    クローン病の外科治療
    腸管切除・吻合術 14例(うち術中内視鏡14回)
    痔瘻・肛門周囲膿瘍手術

    10例

学会、研究活動(2020年)
海外論文
  • Ito T, Maemoto A, Katsurada T, Tanaka H, Motoya S, Ueno N, Fujiya M, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. "Long-Term Clinical Effectiveness of Ustekinumab in Patients With Crohn's Disease: A Retrospective Cohort Study." Crohn's & Colitis 360 2(4): 1-9, 2020(欧文誌/査読あり)
  • Ogasawara H, Hayasaka M, Maemoto A, Furukawa S, Ito T, Kimura O, Endo T. "Levels of major and trace metals in the scalp hair of Crohn's disease patients: correlations among transition metals." Biometals Online ahead of print. ;doi: 10.1007/ s10534-020-00272-y. 2021 Jan 2.: ,2021(欧文誌/査読あり)
  • Sakurai K, Furukawa S, Katsurada T, Otagiri S, Yamanashi K, Nagashima K, Onishi R, Yagisawa K, Nishimura H, Ito T, Maemoto A, Sakamoto N. "Effectiveness of administering zinc acetate hydrate to patients with inflammatory bowel disease and zinc deficiency: a retrospective observational two-center study." Intest Res Online ahead of print.doi: 10.5217/ ir.2020.00124. 2021 Jan 22.:,2021(欧文誌/査読あり)
国内論文・書籍
  • 前本篤男:「国際的な医療機能評価機構JCIによる医療の質改善の取り組み」検査と技術48(1): 20-23, 2020(和文商業誌)
  • 伊藤貴博、古川滋、前本篤男:「クローン病治療におけるステロイド剤の使い方 - ブデソニド、プレドニゾロンを中心に」消化器の臨床23(1): 18-23, 2020(和文商業誌)
  • 前本篤男、横山薫、内野基、齊藤詠子、清水泰岳、新崎信一郎、津典孝、長堀正和、山田哲弘、日比紀文:「【皆で診る!IBD:多職種連携と地域医療】多職種連携の現状と今後の課題 チーム医療の現状に関する全国アンケートの調査結果をふまえて」IBD Research 14: 87-94, 2020(和文商業誌)
  • 前本篤男:「【特集 基礎と臨床から炎症性腸疾患を診る】炎症性腸疾患患者管理におけるmultidisciplinary approach(MDA)の実践:MDAの取り組みから見えてきた今後の課題」Pharma Medica 38(11): 67-71, 2020(和文商業誌)
  • 前本篤男:「【特集 IBD診療のdecision making - 専門医の選択】3.クローン病初期治療(1)抗TNFα抗体から開始する立場から」臨牀消化器内科36(2): 153-158, 2021(和文商業誌)
国際学会
  • K. Sakurai, T. Katsurada, S. Otagiri, K. Nagashima, R. Onishi, H. Nishimura, T. Ito, S. Furukawa, A. Maemoto, N. Sakamoto. "Efficacy of zinc acetate hydrate administration for zinc deficiency in patients with inflammatory bowel disease: a multi-centre retrospective study." 15th congress of European Crohn's and Colitis Organization (ECCO), 2020/2/13, Vienna, Austria, poster presentation
国内学会
  • 末田祐美子、前本篤男、山崎真由、荒井由紀:「アウトカム未達成率と観察項目未評価率の低下に向けた取り組み」第20回日本クリニカルパス学会学術集会、2020/1/18(熊本)ポスター発表
  • 古川滋、伊藤貴博、前本篤男:「ワークショップ6)下痢と便秘の診療 問題点と対策:炎症性腸疾患における過敏性腸症候群」第16回日本消化管学会学術集会、2020/2/7(姫路)口演(ワークショップ)
  • 風間友江、横山佳浩、平山大輔、我妻康平、安藤勝祥、上野伸展、藤谷幹浩、伊藤貴博、前本篤男、仲瀬裕志:「北海道におけるインフリキシマブ-BSの有効性と安全性に関するリアルワールドデータ 多施設研究 フェニックスコホート後ろ向き研究(Real world date on the clinical efficacy and safety profile of infliximab-BS in Hokkaido: A Multicenter study: Phoenix retrospective cohort.)」第106回日本消化器病学会総会、2020/8/11(広島/web)ポスター発表
  • 伊藤貴博、前本篤男、仲瀬裕志:「パネルディスカッション10)IBDの最新治療新規薬剤登場により何が変わったか:クローン病治療におけるウステキヌマブの有用性と治療効果予測因子の検討」第106回日本消化器病学会総会、2020/8/11(広島/web)口演(パネルディスカッション)
  • 桜井健介、桂田武彦、小田切信介、長島一哲、大西礼造、西村東人、伊藤貴博、古川滋、前本篤男、坂本直哉「スペシャル・シンポジウム)Bench to Bedside~IBDの病態に迫る~:低亜鉛血症を有する炎症性腸疾患患者に対する酢酸亜鉛水和物製剤投与の有効性に関する多施設共同後方視的観察研究」第127回日本消化器病学会北海道支部例会、2020/9/5(札幌)口演(シンポジウム)
  • 古川滋、伊藤貴博、前本篤男:「潰瘍性大腸炎新規治療薬の実臨床における治療効果」第127回日本消化器病学会北海道支部例会、2020/9/6(札幌)口演(一般演題)
  • 八木澤啓司:「シンポジウム11)炎症性腸疾患~薬物療法の進歩と薬剤師の役割、課題~:IBD患者への薬剤師の関わり~現状と課題~」第30回日本医療薬学会年会、2020/10/24(名古屋/web)口演(シンポジウム)
  • 伊藤貴博、前本篤男、桂田武彦、田中浩紀、本谷聡、上野伸展、藤谷幹浩、蘆田知史、平山大輔、仲瀬裕志:「北海道内のIBD患者におけるIFX-BS治療のReal world date~Phoenix cohortより~」第11回日本炎症性腸疾患学会学術集会、2020/12/5(京都/web)ポスター発表
  • 袴田麻美、伊藤貴博、前本篤男:「パネルディスカッション1)大腸検査における前処置の工夫:炎症性腸疾患における大腸内視鏡検査前処置の検討」第3回日本大腸検査学会北海道支部例会、2020/12/5(札幌/web)口演(パネルディスカッション)
  • 前本篤男:「IBDの内科治療を俯瞰しよう!クローン病」第11回日本炎症性腸疾患学会学術集会メディカルスタッフ向け教育セミナー、2020/12/7(東京/web)口演(セミナー)
その他

konos吻合_徳州新聞掲載.jpg

​​