IBDセンター
診療スタッフ

内科部門

 

前本副院長.jpg
前本 篤男
副院長・IBDセンター長
資格・専門医

日本内科学会認定内科医/日本消化器病学会専門医・指導医(支部評議員)/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医(支部評議員)/カプセル内視鏡学会認定医/大腸検査学会(支部・本部評議員)/日本炎症性腸疾患学会/大腸肛門病学会/日本消化管学会/小腸学会/日本癌治療学会/日本アフェレシス学会/日本医工学治療学会/日本免疫学会/日本消化器免疫学会/日本再生医療学会/日本神経消化器病学会/日本病態栄養学会/腹部救急医学会/日本クリニカルパス学会/医療の質・安全学会/日本医療マネジメント学会/American Gastroenterological Association (AGA) international member/International Society for Apheresis (ISFA) /Asian Organization for Crohn’s & Colitis (AOCC)/European Crohn’s and Colitis Organization (ECCO)/The International Society for Quality in Health Care (ISQua)/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医

 

55_DSC1767.jpg
古川 滋
部長
資格・専門医

日本内科学会認定医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本大腸肛門病学会専門医/カプセル内視鏡学会認定医/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医/日本消化管学会専門医/日本炎症性腸疾患学会/日本小腸学会

 

伊藤部長.jpg
伊藤 貴博
部長
資格・専門医

日本内科学会認定医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医 (支部評議員)/日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医 (支部評議員)/日本カプセル内視鏡学会認定医・指導医 (学会代議員)/日本肝臓学会肝臓専門医/日本消化管学会胃腸科専門医・指導医/日本がん治療認定医機構 がん治療認定医/日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医/難病指定医、小児慢性特定疾病指定医/日本アフェレシス学会/日本消化器免疫学会/日本消化器がん検診学会/日本大腸肛門病学会/日本炎症性腸疾患学会/日本静脈経腸栄養学会/日本大腸検査学会/日本小腸学会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)

 

佐藤允洋Dr(消化器).jpg
佐藤 允洋
 
資格・専門医

 

 

07_DSC0449.jpg
西村 東人
非常勤
資格・専門医

日本外科学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/マンモグラフィ読影認定医/日本消化器病学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本乳癌学会/日本静脈経腸栄養学会/栄養指導者協議会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医

 

折居 史佳
非常勤
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本消化器病学会指導医/日本消化器内科学会指導医/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医/臨床研修指導医

 

 


外科部門

 

河野 外科先端外科センター長.jpg
河野 透
先端外科センター長 兼任
資格・専門医

日本外科学会(専門医、指導医)/日本大腸肛門病学会(専門医、指導医、評議員)/日本肝臓学会(専門医、指導医、東部会評議員)/北海道外科学会(評議員)/日本消化器病学会(専門医、指導医、支部会評議員、学会評議員)/日本消化器外科学会(専門医、指導医、消化器癌認定医)/日本臨床外科学会(支部会評議員)/日本内視鏡外科学会(評議員)/日本消化管学会(評議員、胃腸病専門医)/日本神経消化器病学会(評議員)/日本ヘリコバクター学会(ヘリコバクター治療認定医)/日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)/国際小腸移植学会 編集委員, Editorial Board/分子消化器病/The Open Colorectal Cancer Journal/臨床研修指導医 The American Motility Society Young Investigator’s Award (H14) 腹部救急医学会 会長賞 (H16) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H22) The American Society of Colon and Rectal Surgeons 学会賞 (H27)

参加学会および学会認定

大腸肛門病担当 (大腸癌・直腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病など) アメリカ消化器病学会(AGA) 国際会員/アメリカ癌治療学会(ASCO)国際会員/ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO)国際会員/アメリカ クローン病・腸炎学会(CCFA)国際会員/ヨーロッパ クローン病・腸炎学会(ECCO)国際会員/アメリカNitric Oxide学会 国際会員/国際小腸移植学会 国際会員

 

 

07_DSC0449.jpg
西村 東人
非常勤
資格・専門医

日本外科学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/マンモグラフィ読影認定医/日本消化器病学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本乳癌学会/日本静脈経腸栄養学会/栄養指導者協議会/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/難病指定医

 

 

 

診療科紹介

炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory Bowel Disease)とは、原因不明の難治性の腸疾患で、おもに潰瘍性大腸炎(UC:Ulcerative Colitis)やクローン病(CD:Crohn’s disease)を指します。患者数は年々増加し、潰瘍性大腸炎は17万人、クローン病は4万人(平成26年度特定疾患医療受給者証所得者数;http://www.nanbyou.or.jp/entry/1356、2018年5月21日)と言われています。発症年齢は主に20歳前後の発症が多いものの、潰瘍性大腸炎は50歳〜60歳など比較的高齢での発症も増えてきています。一方で近年さまざまな治療法が開発され、治療法の適切な選択や個々の患者さまに合わせた調節により、より効果的な内科治療ができるようになってきました。

当科は、このような炎症性腸疾患の診断と治療を行うための専門科として2008年に開設されました。現在は4名の常勤医と2名の非常勤の専門医師により外来・入院の診療をしています。IBDの診断は時に困難な場合もありますが、当院では豊富な経験から早期から的確に診断するように務めています。上部・下部内視鏡検査はもとより、特に小腸の検査に力を入れており、順行性・逆行性の小腸造影検査、小腸MRI検査、カプセル内視鏡検査、バルーンアシスト小腸内視鏡検査にて診断をしています。潰瘍性大腸炎においては検査の負担を軽減するために体外式腹部超音波検査も多用しています。治療にあたっては現在本邦で治療可能な標準治療はすべて行うことができます。その患者さまのその時の状態や希望に合わせて的確に治療を選択し、また投与量や投与法も調節して、より早く寛解導入され状態が安定すること、また長期に寛解を維持することを目指しています。また必要であれば外科部門・河野透先生ら、および当院外科と協力し適切な外科治療が安心して受けられる体制を整えています。

 

IBDチーム医療の推進

安心して検査や治療を受けられるよう、当院では多職種によるチーム医療の構築に心がけています。看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技士、放射線技師など様々な職種がIBDを理解し、患者さまが病気を抱えながらも日常生活を普通に送れるためのパートナーとして活躍できるように努めています。また、札幌市内、北海道内、国内の多くの医療機関と連携をして地域とのチーム医療の構築にも取り組んでおります。当院には国際支援室があるため外国語言語の患者さまの受け入れもしています。

さらにIBDの病態を理解し、病因の解明、新規治療の開発をするために様々な臨床研究、新規薬剤の臨床試験に携わっています。

これらのように、当IBDセンターは、チーム医療に基づいて基本的な治療から最先端の診断法、治療法を行い、さらに将来の臨床にも役立つ研究も行いながら、病因の解明および治療を総合的に行うIBD専門センターとして診療しています。

 

 

無題7.png

 

 

 

外来診療担当医

令和2(2020)年4月~

内科部門

診療時間 受付開始時間 月 曜 火 曜 水 曜 木 曜 金 曜 土 曜
9:00~11:30 7:00

前本

折居 前本 古川 伊藤 前本 古川

13:00~15:00

12:00 折居 前本 古川 伊藤
17:00~19:00 16:00 前本

 

外科部門

診療時間 受付開始時間 月 曜 火 曜 水 曜 木 曜 金 曜 土 曜
13:00~15:00

12:00

河野 透

(要予約)


 

診療科実績(2019年)
  • 外来通院患者数(実受診人数)
    潰瘍性大腸炎:691人、クローン病:403人、その他:16人
  • 入院患者数(のべ入院数)
    潰瘍性大腸炎:104人、クローン病:187人、その他:6人
  • 検査件数(のべ件数)
    内視鏡検査
    上部内視鏡検査 254件
    下部内視鏡検査(含む逆行性回腸造影) 792件
    小腸内視鏡検査 53件
    カプセル内視鏡検査 57件
    X線検査
    順行性小腸造影検査 14件
    逆行性小腸造影検査 204件
    MRI検査
    小腸MR enteroclysis 26件
    体外式超音波検査
    体外式超音波検査全体 388例 709件
    潰瘍性大腸炎 307例 608件
    クローン病 74例 90件

 

  • 内科治療(*重複あり)
    潰瘍性大腸炎の内科治療:723例
    アミノサリチル酸製剤

    85.1% 615例*(ペンタサ274例、アサコール127例、リアルダ277例)

    (ペンタサ坐剤139例、ペンタサ注腸126例)

    ガストローム治療 14.3% 104例*(ガストローム坐剤21例、ガストローム注腸86例)
    白血球除去療法 2.2% 16例(L-CAP4例、G-CAP11例、CFLA1例)
    ステロイド治療 17.2%  124例*(PSL静注14例、PSL内服66例、レクタブル注腸75例)
    チオプリン製剤 28.4% 205例*(AZA143例、6MP71例)
    生物学的製剤 20.2% 146例*(レミケード62例、ヒュミラ42例、シンポニー24例、エンタイビオ30例)
    JAK阻害剤 2.9% 21例
    タクロリムス 0.1% 1例
    クローン病の内科治療:442例
    アミノサリチル酸製剤 74.9% 331例(ペンタサ331例)
    ステロイド治療 16.1% 71例*(PSL静注0例、PSL内服13例、ゼンタコート61例)
    チオプリン製剤 48.9% 216例*(AZA163例、6MP56例)
    生物学的製剤 74.9% 316例*(レミケード191例、ヒュミラ58例、ステラーラ83例、エンタイビオ14列)
    経腸栄養療法 53.8% 238例(その内、経鼻経管栄養療法109例)
    内視鏡的バルーン拡張術 12.7% 56例/77回(大腸内視鏡47回、小腸内視鏡30回)

 

  • 外科治療
    潰瘍性大腸炎の外科治療
    腸管切除術 5例(大腸亜全摘術4例、部分切除/残存大腸直腸切除2例)
    クローン病の外科治療
    腸管切除・吻合術 14例(うち術中内視鏡13回)
    痔瘻・肛門周囲膿瘍手術 12例

 

学会、研究活動(2019年) 
海外論文
  • Hibito T, Motoya S, Ashiba T, Sai S, Sameshima Y, Nakamura S, Maemoto A, Nii M, Sullivan BA, Gasser RA, Suzuki Y. Efficacy and safety of abrilumab, an α4β7 integrin inhibitor, in Japanese patients with moderate-to-severe ulcerative colitis: a phase Ⅱ study. Intest Res Feb12:doi: 10.5217/ir.2018.00141. [Epub ahead of print], 2019
  • Ogasawara H, Hayasaka M, Maemoto A, Furukawa S, Ito T, Kimura O, Endo T. Stable isotope ratios of carbon, nitrogen and selenium concentration in the scalp fair of Crohn's disease patients who ingested the elemental diet Elental. Rapid Commun Mass Spectrom33:41-48,2019
  • Kinosita K, Katsurada T, Nishida M, Omotehara S, Onishi R, Mabe K, Onodera A, Sato M, Eto K, Suya M, Maemoto A, Hasegawa T, Yamamoto J, Mitsumori D, Yoshii S, Ono K, Sakamoto N. Usefulness of transabdominal ultrasonograph for assessing ulcerative colitis: a prospective, multicenter study. J Gastroenterol 54(6):521-529, 2019
国内論文
  • なし
国際学会
  • Hirokawa A, Maemoto A, Sakata Y, Asakura S, Hsumi A, Akita I, Okuyama N, Yamada C, Kusakabe M, Katsurada T, Nakase H. Questionnaire survey for a consciousness of the medical care for patients with inflammatory bowel sisease in medical staff. AOCC2019 (7th Annual Meeting of AOCC) (Asian Organaization for Crohn's & Colitis アジア炎症性腸疾患学会)、2019/6/15 (Taipei, Taiwan), poster presentation
国内学会
  • 伊藤貴博、西村東人、古川 滋、前本篤男:「クローン病に対する経口ブデソニドの有効性」第15回 日本消化管学会総会学術集会、2019/2/2(佐賀市)口演
  • 守谷 悠、古川 滋、伊藤貴博、西村東人、前本篤男:「当院における小児潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法」第285回 日本内科学会北海道地方会、2019/2/16(札幌)口演 *優秀若手奨励賞受賞
  • 井上杏奈、市川 晶、袴田麻美:「憩室出血に対する前処置の有無の比較」第2回 日本大腸検査学会北海道地方会、2019/2/23(札幌)口演
  • 前本篤男:「モーニングセミナーⅡ『本邦IBD診療における検査の工夫~米国での留学経験も踏まえて~』山田哲弘先生講演 司会」第2回 日本大腸検査学会北海道支部例会、2019/2/23(札幌)座長
  • 伊藤貴博:「小腸1:座長」第124回 日本消化器病学会北海道支部例会、2019/3/2(札幌)座長
  • 伊藤貴博、古川 滋、前本篤男、西村東人:「内視鏡的バルーン拡張術によるクローン病腸管狭窄に対する手術ゼロへの挑戦」第97回 日本消化器内視鏡学会総会、2019/6/2(東京)口演(パネルディスカッション)
  • 伊藤貴博、前本篤男、桂田武彦、田中浩紀、本谷 聡、上野伸展、藤谷幹浩、蘆田知史、仲瀬裕志:「シンポジウム2「IBDの新規治療法」:クローン病に対するウステキヌマブの有効性と安全性~Phoenix Retrospective Cohort Study in Hokkaido~」第56回 日本消化器免疫学会総会、2019/8/2(京都)口演(シンポジウム)
  • 佐藤允洋、李 鵬、富永素矢、坂本 淳、木村圭介、太田智之、立花史音、西村東人、伊藤貴博、古川 滋、前本篤男:「大量アルカリ乾電池誤飲に対して内視鏡を用いて摘出した1例」第119回 日本消化器内視鏡学会北海道支部例会、2019/9/7(札幌)口演(一般)
  • 前本篤男:「イブニングセミナー:IBD診療における新たな展開 山本章司朗先生(宮崎医大消化器内科)座長」第125回 日本消化器病学会北海道支部例会/第119回 日本消化器内視鏡学会北海道支部例会、2019/9/7(札幌)座長
  • 鈴木悠太、伊藤貴博、古川 滋、前本篤男、前島 拓、深堀 晋、吉川大太郎、唐崎秀則、河野 透:「当院における潰瘍性大腸炎手術症例の検討」第116回 日本臨床外科学会 北海道支部会、2019/9/22(札幌)口演(一般)
  • 前本篤男:「基調講演1:専門領域の連携による炎症性腸疾患診療~内科の立場から~」第74回 日本大腸肛門病学会学術集会、2019/10/12(札幌)口演(シンポ・ワーク・パネル)
  • 伊藤貴博、西村東人、古川 滋、前本篤男:「潰瘍性大腸炎に対する新規薬剤の有効性」JDDW2019(第61回 日本消化器病学会大会)、2019/11/22(神戸)ポスター(一般)
  • 岡崎健也、山村 肇、阿部佳助、伊藤貴博、西村東人、古川 滋、前本篤男、齋藤博哉:「放射線技師による急性腹症CT画像検査でのIBD疾患拾い上げ確立に向けて」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)ポスター(一般)
  • 宗像克敏、志村 正、岡崎健也、伊藤貴博、西村東人、古川 滋、前本篤男、河野 透、齋藤博哉:「クローン病の痔瘻・肛門周囲膿瘍に対する3D-MRI画像処理の取り組み」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)ポスター(一般)
  • 堀川文子、前本篤男、坂田祐樹、朝倉早貴、羽澄あゆこ、秋田いずみ、奥山直美、日下部緑、山田千寿子、桂田武彦、仲瀬裕志:「IBD診療に関わるメディカルスタッフの意識調査の検討」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)ポスター(一般)
  • 古川 滋、伊藤貴博、前本篤男:「クローン病の腸閉塞に対する内視鏡的バルーン拡張術は有用である」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)ポスター(一般)
  • 前本篤男:「ポスターセッション-グループ18座長」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)座長(一般)
  • 前本篤男:「イブニングセミナー2:IBDチーム医療の現状は、そしていま何が必要か? 炎症性腸疾患診療に関するチーム医療の実態調査アンケート結果の報告」第10回 日本炎症性腸疾患学会学術集会、2019/11/29(福岡)口演(講演会・セミナー)
  • 前本篤男:「炎症性腸疾患(IBD)の内視鏡診断と治療」第33回 日本消化器内視鏡学会北海道セミナー、2019/12/1(札幌)口演(講演会・セミナー)
その他

konos吻合_徳州新聞掲載.jpg

​​