呼吸器内科
丹野呼吸器医長.jpg
丹野 幸恵
医長
資格・専門医

日本内科学会総合内科専門医/日本呼吸器学会呼吸器専門医/日本老年医学会老年病専門医

 

富樫 誠也
非常勤
診療科紹介

呼吸器内科では、肺がんなどの悪性腫瘍を中心に診察を行っており、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患などの慢性疾患は非常勤医師の外来にて診察を行っています。
肺がんは悪性腫瘍のなかで死因の第一位となっており、高齢化が進むにつれて患者数も増加しています。しかし、分子標的治療剤・免疫チェックポイント阻害剤といった新しいタイプの抗癌剤が新たに登場したことで、肺がんの治療は従来とは大きく変化しています。また、気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患についても、新しい吸入薬が開発されており、患者さんの生活スタイルなどに応じて使い分ける必要があります。
私たちは、ガイドラインに沿った標準治療をベースとしながら、患者さんの個々の背景も考慮した医療を提供しています。

学会・研究活動

※今後発表予定
肺癌の組織別によるPD-L1の発現率
悪性胸水における腫瘍マーカー測定の意義について

​​