心臓血管外科
診療スタッフ
上田心外部長.jpg
上田 高士
部長
資格・専門医

日本心臓血管外科学会専門医・修練指導者/日本胸部外科学会認定医/日本外科学会専門医/腹部ステントグラフト指導医/臨床研修指導医

 

畑中心外Dr.jpg
畑中 憲行
資格・専門医

日本外科学会専門医 日本心臓血管外科学会専門医

 

川島 隆
医長
資格・専門医

日本外科学会外科専門医/日本胸部外科学会・日本心臓外科学会・日本血管外科学会三学会厚生心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医

 

m13_simg01.jpg
藤田 きしゅう
医長
資格・専門医

心臓血管外科専門医/心臓血管外科医専門医認定機構修練指導者/日本外科学会(指導医、専門医)/日本循環器学会循環器専門医/日本脈管学会脈管専門医/日本外科感染症学会インフェクションコントロールドクター/日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士/臨床研修指導医

 

山田 広幸
診療科紹介

当科はハートチームの一員として、成人心臓疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、全般の手術治療を担当しております。

MICS(低侵襲心臓手術)を積極的に行っています。

24時間365日、救急受け入れ可能な体制です。以下の循環器センター ドクターカーでお迎えに上がります。

 

090-5987-5479(24時間対応、専門医直通)

 

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)

オフポンプバイパス、MICS CABGを積極的に行っています。

大伏在静脈は内視鏡で採取します。

冠状動脈バイパス手術は人工心肺装置を使用しないオフポンプバイパスを原則としているのはもちろん、さらに現在は胸骨を切開しない、多枝バイパス手術(MICS CABG)を積極的に行っています。(図1) MICS CABGでは胸骨を温存するため、退院時には運動制限がなく、自動車を運転して帰宅できます。また胸骨を切開しないので、胸骨感染の可能性はゼロです。①早期完全社会復帰を希望される方、②感染が心配な方(糖尿病、腎不全などの方)に特に適しています。

冠状動脈バイパス術で使用する大伏在静脈(足の静脈)は内視鏡で採取します。膝内側2cmの創だけで済み、痛みは殆どありません。(図2)

 

   図1.png     図2:Vasoviewの創.jpg

(図1:さまざまなパターンのMICS CABGと手術創)    (図2:Vasoviewの創)

弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症など)

MICSを第一選択にしています。

大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁置換術は、右腋窩(脇の下)を小切開して行います。胸骨を切開しないので退院時には運動制限はありません。また創は脇の下なので、正面からは全く見えず、美容的に非常に優れています。(図3)

僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症に対する手術は右乳房下小切開のMICSを第一選択にしています。心房細動に対するメイズ手術との同時手術もMICSアプローチで可能です。

※MICSが安全に施行できるかどうかを、術前検査で慎重に評価し、最終判断します。

 

  図3.png

 (図3:MICS AVR右腋窩切開アプローチ)

大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離など)

ステントグラフト留置術を行っています。

大動脈瘤に対するステントグラフト留置術は適応を厳格に行っています。術前の評価を慎重に行い、手術が安全にできると判断した場合は、根治的な治療である人工血管置換術を第一選択にしています。ご高齢の方や、臓器障害のある方で、術後合併症の可能性が高い方、体力低下が心配な方にはステントグラフト留置術やステントグラフトを利用したハイブリッド手術を行う方針にしています。

ブラッドアクセス作成について

慢性維持血液透析のためのブラッドアクセス作成(シャント手術)を行っています。透析導入時の初回手術だけでなく、困難な状況にあるシャント不全に対しても種々の選択肢を駆使し、造設術を行っております。

心外症例数年次推移

当科の症例数、手術数の年次推移です。

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
虚血性心疾患
単独CABG(OPCAB)
(MICSCABG)

55

41(22)

71

57(48)

49

39(36)

58

46(44)

119

93(90)

(13)

87

69(67)

(23)

弁膜疾患
(MICS)
41 41 44 56

68

(12)

60

(38)

胸部大動脈疾患
(TEVAR)
16 25 19

25

(5)

56

(7)

60

(5)

先天性他 9 6 6 1 12 9
開心術合計(重複無し) 108 129 109 125 233 204
腹部大動脈疾患
(EVAR)
17 27 27

23

(11)

30

(7)

39

(14)

閉塞性動脈硬化症 22 20 25 14 27 32
シャント関連 92 86 151 82 74 87
合計(重複無し) 239 262 312 244 364 362

 

グラフ.png

 

TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)の紹介

経カテーテル大動脈弁置換術関連学会協議会より、TAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)の実施施設の認定を受けました。
今後は、開心手術が困難・高リスクな患者さんに対しても、TAVIにより治療が可能となります。

 

​​