救急集中治療センター

 

 

docter_photo.jpg

センター長 瀧 健治
資格・専門医

日本救急医学会専門医・指導医/日本集中治療医学会専門医/日本麻酔科学会専門医・指導医/麻酔標榜医/日本臨床高気圧酸素・潜水医学会専門医/高気圧酸素治療専門医/臨床研修指導医

 

救急集中治療センターに向けて

 当院の救急診療は1986年の開院と同時に、徳洲会の理念に基づき地域の救急患者を受入れていましたが、当時は救急部門もなく色々な科の医師が片手間に救急患者を診ていました。2004年に臨床研修指定病院となり、病院の雰囲気が救急患者を積極的に受入れるようになって、複数の医師でより多くの救急患者を受入れるようになりました。

 2007年には「救急総合診療部」が設立され、救急外来に救急医が常駐する外傷センター設立の追い風もあり、2004年に4105台の救急車は2016年に9651台と急激に増加しました。その後、松田先生と増井先生が研修を終えて、それぞれ市立札幌病院、福井大学からともに戻られ、そのタイミングに合わせて私は2016年に着任致しました。その後、後期研修医は4名となり、教育機関としての役割も大きくなってきました。

 一方、集中治療部門は心臓血管外科部長が中心に運営されていましたが、私が着任することにより一緒に運営してまいりました。その後、救急部門と集中治療部門の充実策として救急センターを立ち上げました。2018年4月に丸藤先生を当院顧問に迎え、さらに救急センター長を兼務されて所属スタッフが12人となったのを機に救急集中治療センターに改称しました。

 当院の救急医療の役割は、これまでの救急外来の機能以外に地域包括ケアシステムの機能を担うべきと、地域連携と地域の医療の核となることを今後の課題としております。消防機関や医療機関と協力して北海道の救急システムの一翼となり、救急患者の受入れ不能事が引き続きゼロに貢献していきたいと考えております。

 

 

救急センター

丸藤哲Dr
丸藤 哲
顧問・救急センター長
資格・専門医

日本救急医学会専門医/日本救急医学会指導医/日本集中治療医学会専門医/日本麻酔科学会専門医/日本麻酔科学会指導医/麻酔標榜医/臨床研修指導医講習

 

松田知倫Dr
松田 知倫
副センター長
資格・専門医

日本救急医学会救急科専門医/Infection Control Doctor/臨床研修指導医

 

増井伸高Dr
増井 伸高
部長
資格・専門医

日本救急医学会救急科専門医/日本救急医学会学生・研修医部会設置運用特別委員会委員/日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医/臨床研修指導医

 

神野Dr
神野 敦
 
資格・専門医

日本救急医学会救急科専門医/日本内科学会認定内科医/ICLSコースディレクター・指導者ワークショップディレクター/JMECCインストラクター/ハワイ沖縄医学教育フェローシップ

 

金城Dr(救急)
金城 綾美
 
資格・専門医

日本整形外科学会専門医

 

救急 佐藤洋祐Dr.jpg
佐藤 洋祐
 
資格・専門医

日本救急医学会専門医

 

救急 合田Dr.jpg
合田 祥悟
 
資格・専門医

 

救急 富森Dr.jpg
富森 一馬
 
資格・専門医

 

救急 西澤Dr.jpg
西澤 仁貴
 
資格・専門医

 

救急センター紹介

「救急センター」は最近ではドクターヘリなどのテレビドラマで有名になりました。急病やケガを専門としており、内科や外科などの分け方ではなく、「生きるか死ぬか」を扱う科です。迅速に診断をして、処置を行うことを仕事としています。

一方で、救急車で病院に来る人の6割以上は、救急外来での検査処置の結果、入院せずに帰宅するのも、日本の現状です。これは「タクシー代わりに救急車を使う」ということではなく、病院で診察・検査をやってみないと、重病なのか実は軽い病気なのかは、一般の方には判断できないということです。「重い病気があるかないか」を判断するのも、救急の重要な仕事の一つです。

たとえば「意識を失った、が今は普段通りに回復している」という人がいたときに、【脳神経外科】で調べて脳には問題ないから帰宅した、という話を耳にします。残念ながら、脳神経外科以外の病気は見逃されるかもしれないし、最低でも【循環器】の病気は調べておきたいと思うのが我々救急医です。このように、その症状には何科が適切なのかを判断するのもまた、救急の重要な仕事です。

札幌で24時間体制の検査・診療できる病院というのは決して多くなく、当番病院以外では片手で数えきれる程度です。他の患者さまの状況によっては、お待たせすることもあるでしょうが、急な病気、急なケガの患者さまに少しでも力になれればと思っています。

 

救急医をめざす君へ

 

診療科実績(2019年)
救急受け入れ件数
救急車受入患者数 8,791
時間外外来受診者数 10,704
合計 19,495

 

救急車受入要請件数、不応需数、不応需率
要請患者数 10,447
搬送患者数 8,791
不応需数 1,656
不応需率 15.9

 

転帰
死亡 50(0.6%)
入院 3,674(41.8%)
帰宅 4,733(53.8%)
転院 334(3.8%)
学会・研究活動(2019年)

学会発表

  1. 松田 知倫、瀧 健治
    救急体制構築に貴重な工夫 定期的に顔を合わせる連携会議は、救急患者の受け入れ・転院数の増加に貢献できる。
    日本救急医学会雑誌30(9):731, 2019.
  2. 富森 一馬、松田 知倫、増井 伸高、民谷 健太郎、神野 敦、佐藤 洋祐、合田 祥悟、松本 悠、金城 綾美、丸藤 哲、瀧 健治
    カフェイン中毒10 例の検討。
    日本救急医学会雑誌30(9):701, 2019.
  3. 曽々木 昇、松田 律史、齋藤 博哉、峯岸 聖月、増井 伸高、松田 知倫、瀧 健治、丸藤 哲、前島 拓、深堀 晋、吉川 大太郎、唐崎 秀則、佐久間 明洋、片田 竜司
    破裂により後腹膜出血をきたした副腎neuroendocrine carcinoma の1 例。
    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌34(2):163, 2019.
  4. 松田 律史、曽々木 昇、齋藤 博哉、増井 伸高、松田 知倫、瀧 健治、丸藤 哲
    骨粗鬆症性椎体骨圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術 入院日数の検討。
    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌34(2):162, 2019.
  5. 曽々木 昇、松田 律史、齋藤 博哉、増井 伸高、松田 知倫、瀧 健治、丸藤 哲
    PVP 後疼痛再燃に対する追加PVP の有効性。
    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌34(2):162, 2019.
  6. 神林 諒、神野 敦、民谷 健太郎、松田 知倫、瀧 健治
    " 密着型ER 実習" は医学生実習の満足度を向上させる。
    医学教育50(Suppl):101, 2019.
  7. 瀧 健治、高橋 悠希、松田 知倫、増井 伸高、爲廣 一仁
    高気圧酸素治療・再考 イレウスへのHBOT はどの様な時に効果的なのか。
    日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌16(2):148, 2019.
  8. 平野 聡美、奥田 正穂、瀧 健治、増井 伸高
    症例から学ぶ 外国人の減圧症にHBOT を実施した経験。
    日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌16(2):135, 2019.
  9. 曽々木 昇、松田 律史、齋藤 博哉、峯岸 聖月、増井 伸高、松田 知倫、瀧 健治、丸藤 哲、前島 拓、深堀 晋、吉川 大太郎、唐崎 秀則、佐久間 明洋、片田 竜司
    破裂により後腹膜出血をきたした副腎neuroendocrine carcinoma の1 例。
    日本腹部救急医学会雑誌39(2):484, 2019.
  10. 峯岸 聖月、松田 律史、丸藤 哲、瀧 健治
    急速に進行する四肢紫斑を契機に診断された二次性血栓性微小血管症の一例。
    日本集中治療医学会雑誌26(Suppl):[P10-4], 2019.
  11. 齋藤 靖弘、松田 知倫、瀧 健治、武田 清孝
    薬剤師によるバンコマイシンの初回投与設計とその意義。
    日本集中治療医学会雑誌26(Suppl):[O62-5], 2019.
  12. 佐藤 洋祐、松田 律史、民谷 健太郎、増井 伸高、松田 知倫、瀧 健治、丸藤 哲
    悪性症候群に中枢神経を含むポリニューロパチーを合併したと考えられる一例。
    日本集中治療医学会雑誌26(Suppl):[O58-2], 2019.
  13. 合田 祥悟、佐藤 朝之、松田 律史、 民谷 健太郎、増井 伸高、瀧 健治、丸藤 哲
    early anti GBM disease に対してVV-ECMO を用いて救命した1 例。
    日本集中治療医学会雑誌26(Suppl):[O26-1], 2019.
  14. 北上 敦稀、今田 英利、柴田 純一、加野島 和希、森本 裕子、奥田 正穂、上田 高士、川島 隆
    MICS 症例におけるNIRS を用いた下肢虚血のモニタリングの重要性について考える。
    体外循環技術46(3):286, 2019.
  15. 山崎 誠治、片桐 勇貴、竹之内 豪、谷 友之、山崎 和正
    高度石灰化病変におけるデバイス選択(英語)。
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集28 回:[MO65-002], 2019.
  16. 民谷 健太郎、神崎 めぐみ、齋藤 靖弘、矢下 翔士、菅野 佑介、今野 公二、藤田 絵里、村田 正良、松山 智行
    卒前臨床実習における他職種セッション。
    医学教育50(Suppl):146,2019.
  17. 神野 敦(札幌東徳洲会病院 救急科)、民谷 健太郎、松田 知倫
    自己主導型学習スキルの獲得を目的とした研修医救急カンファレンスの学習者評価。
    医学教育50(Suppl):101, 2019.
  18. 民谷 健太郎(札幌東徳洲会病院 救急科)
    臨床コア科実習の効果判定としてOSCE を導入した試み。
    医学教育50(Suppl):93, 2019.
 
論文発表
  1. 合田 祥悟、松田 知倫、増井 伸高、民谷 健太郎、瀧 健治
    (原著)へき地・離島での災害訓練 多数傷病者発生時の備えに何を学ぶべきか?(平成28 年度 へき地離島救急医療学会調査研究事業)。
    へき地・離島救急医療学会誌17:20-24, 2019.
  2. 齋藤 靖弘、成田 拓弥、徳留 章、早坂 敬明、松田 律史、民谷 健太郎、増井 伸高、松田 知倫、武田 清孝、瀧 健治
    (原著)ER 専従薬剤師による持参薬鑑別の有用性。
    日本臨床救急医学会雑誌22(3):493-498, 2019.
集中治療センター
瀧 健治
集中治療センター長
資格・専門医

日本救急医学会専門医・指導医/日本集中治療医学会専門医/日本麻酔科学会専門医・指導医/麻酔標榜医/日本臨床高気圧酸素・潜水医学会専門医/高気圧酸素治療専門医/臨床研修指導医

 

上田 高士
部長(心臓血管外科部長兼務)
資格・専門医

日本心臓血管外科学会専門医・修練指導者/日本胸部外科学会認定医/日本外科学会専門医/腹部ステントグラフト指導医/胸部ステントグラフト指導医/臨床研修指導医

 

谷 友之
部長(循環器内科部長兼務)
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本循環器学会専門医

 

民谷健太郎Dr
民谷 健太郎
医長(専従)
資格・専門医

日本救急医学会専門医/日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医/臨床研修指導医

集中治療センター紹介

高度医療は多くの施設で行われるようになり、集中治療は患者の救命や地域医療の維持に大切です。集中治療センターは当院でも最新医療のTAVIや開心術に重要な役割を担っています。
また救急科・循環器内科・消化器内科・総合診療内科・心臓血管外科・脳神経外科・外科などと連携して、更に、様々な多職種と連携を密に図り、重症患者に外科的治療から内科的治療にわたる集学的な治療を日夜24時間体制で行っています。即ち、基本的な治療から最先端の医療まで広い医療をチームで支えています。患者さまの生体情報をモニターして種々の機器や薬剤で呼吸・循環・代謝を管理して、患者さまの状態に合わせて的確な治療法の選択や薬の投与量・投与法を調節して、必要であれば適切な外科的治療を迅速に行える体制を整えています。また、時に、家族へ病状の経過や状況を説明して、医療の選択の相談をしています。

 

集中治療センターの患者受け入れ件数は2019年に3,420名で、重症比率は86.6%です。そのなかで心臓血管外科の患者数が最も多く、循環器内科の患者とで約8割を占めています。一般病室からは約2割の521名が入室しており、主に循環器内科の患者が最も多く、次に心臓血管外科と外科が占めております。ただし、全体の8割の患者は救急外来から入室しています。

 

集中治療センターに入室した患者さまの疾病は循環器疾患が8割と最も多く占め、次に神経、消化器、呼吸器、外傷疾患です。それらの疾病への特殊治療は人工呼吸が646件と最も多く、次にECMO・PCPS、一酸化窒素吸入療法、スワンガンツ(循環管理)、IABPなどです。

研修医教育体制は、集学的治療を学べる部署として研修医の配置や症例検討会などを開催し、診療データの集積とAIを活用した医療体制を進めています。

 

【初期臨床研修医の教育について】

従来の集中治療医学教育は各科で行っておりましたが、当センターのスタッフの充実から独自の教育プログラムを作成しております。

選択科希望者は初期臨床研修管理委員会へ申し出てください。

 

【日本集中治療医学会専門医の研修希望者の募集について】

日本集中治療医学会の研修認定施設への準備を進めており、種々の充実策から近年中に研修医を募集したいと考えております。

 

​​