循環器内科
診療スタッフ
齋藤 滋
循環器センター長
資格・専門医

日本心血管インターベンション学会・理事評議員・ 指導医/日本心血管カテーテル治療学会理事評議員・指導医/日本心臓病学会評議員・Fellow(FJCC)/日本循環器学会認定循環器専門医/日本内科学会認定内科医/FACC(米国心臓病学会正規会員)、FSCAI(米国冠動脈造影治療学会正規会員)、APSIC(アジア太平洋心臓治療学会)理事長

 

山崎副院長.jpg
山崎 誠治
副院長・部長
資格・専門医

日本循環器学会専門医/日本内科学会認定医/日本内科学会総合内科専門医/日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医/日本不整脈学会「ペーシングによる心不全治療」研修証取得/日本不整脈学会「植込み型除細器」研修証取得/臨床研修指導医/日本脈管学会認定脈管専門医/日本禁煙学会認定指導医

 

谷循環器内科部長.jpg
谷 友之
部長
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本循環器学会専門医/日本不整脈心電図学会専門医/日本周術期経食道心エコー認定試験合格

 

山崎循環器医長.jpg
山﨑 和正
部長
資格・専門医

日本循環器内科専門医/日本内科学会認定医/日本心血管インターベンション治療学会認定医/日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医/臨床研修指導医/経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)実施医、指導医

 

後平医長.jpg
後平 泰信
医長
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本睡眠学会認定医

 

竹之内循環器内科医長.jpg
竹之内 豪
医長
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本循環器学会認定循環器専門医/日本心エコー図学会SHD心エコー図認定医

 

棒田循環器医長.jpg
棒田 浩基
医長
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本循環器学会認定循環器専門医/日本心血管インターベンション治療学会認定医/日本周術期経食道心エコー認定試験合格

 

片桐循環器Dr.jpg
片桐 勇貴
医長
資格・専門医

日本内科学会認定医/日本心血管インターベンション治療学会認定医/FESC (ヨーロッパ心臓病学会フェロー)/経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)実施医、指導医

 

細井Dr.jpg
細井 雄一郎
医長
資格・専門医

日本心血管インターベンション治療学会認定医

 

黒田循環器Dr.jpg
黒田 健
 
資格・専門医

日本内科学会認定内科医

 

循環器 石川Dr.jpg
石川 航平
 
資格・専門医

 

 

循環器 笠井Dr.jpg
笠井 悠太郎
 
資格・専門医

 

診療科紹介

当院循環器内科は、2008年1月より湘南鎌倉総合病院の齋藤滋総長が当院循環器科センター長として兼任されました。我々は、「患者さまに親切に、そして札幌から世界に情報発信」を合言葉に経験豊富な循環器病治療の専門家集団を目指しています。
また、当院には世界有数の診療機器が備わり、それと共に豊かな経験を有する優秀な看護師、看護助手、放射線技師、検査技師それに臨床工学士など多数のコメディカルを擁しています。この素晴らしい仲間と一緒に私たちは24時間体制でみなさま方の健康を優しく守っていきます。
さらには、国際交流も積極的に行い、常に最新の医学情報に基づいた科学的診療を行っておりますし、当センターで得られた知見を積極的に医学論文として世界中に発信していきます。

 

当科の特徴

世界に発信できるような人材を育成ができるような環境つくりに取り組んでおります。当院循環器センター長の築き上げた世界との太いパイプにより、アカデミックな活動に積極的に取り組んでおります。留学も可能です。

 

  1. 研修システムの充実
    当院は、2004年から初期臨床研修制度が導入されて以来、全国でも上位にランクされる人気度・競争率の高い研修指定病院です。特に循環器は研修システムに、高い比重を置いております。その結果、2006年度から初期研修を終えたドクターが毎年1-2名、当科に在籍するようになり、若さにあふれた豊富な人材を確保できるようになりました。
  2. 豊富な施設・設備
    当院には、CT(256列CT含む)2台、MRI(心臓専用機含む)2台、および、循環器専用シネアンギオ装置が4台(ハイブリット室含む)あります。従って、より効率的な検査・治療が可能となり、何よりも患者さま重視の医療が展開できると確信しております。また、当院はロータブレーター、ダイアモンドバック(OAS)、DCA治療可能施設です。
  3. 豊富な症例数
    当院は道内一の救急搬送件数をほこる病院でもあり、急性冠症候群(急性心筋梗塞症、不安定狭心症)の搬送件数が多い病院の一つでもあります。24時間決して断らない救急受け入れを行っております。PCI件数は年間約900件になります。
  4. 心臓血管外科との密な連携(ハートチーム)
    当院心臓血管外科は、毎年開心術200例以上をこなす道内でも有数の科です。特に大動脈解離など難易度の高い緊急症例が多く、また、当科との連携の濃さは他に類をみないものがあります。24時間体制を敷いている以上、この連携は必須のものであり、盤石の体制を可能にしています。
  5. 病診連携の確保
    24時間救急受け入れを断らない理念により、他の病院、診療所、さらには救急隊との信頼関係を保ち、細やかで丁寧な対応を心掛けることで、強固な連携が存在します。
  6. 不整脈治療の充実
    当院には不整脈専門医が在籍し、心房細動などカテーテル治療を積極的に行っております。ペースメーカー(リードレス含む)はもちろん、ICD、CRT-Dなどデバイス治療、さらにはクライオバルーン治療可能施設です。
  7. 豊富なTAVI治療経験
    ハートチームの充実とともに、2017年4月からTAVI(経皮的大動脈弁留置術)実施可能施設となり、同年12月まで実に109例の治療実績があります。現在、道内一の症例数をほこっております。さらに、次世代のSHDデバイスの治験もスタートしております。
  8. フットケアチームの充実
    下肢閉塞性動脈硬化症、バージャー病など、末梢血管の治療を積極的に行っております。OMTはもちろんですが、EVT専門医の育成、形成外科医とコラボしフットケアチームを形成し、日々治療に当たっております。細胞移植治療の経験もあります。
診療科実績(2020年)

 

心臓カテーテル手術の紹介

 

数多くの手術実績を持つ齋藤 滋医師による心臓カテーテル手術の紹介です。

 

TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)の紹介

これまで重症大動脈弁狭窄症に対する治療法は、胸を切開(開胸)し、人工心肺を用いて心臓を停止させ、

狭窄した大動脈弁を置き換える外科的大動脈弁置換術しかありませんでした。

しかし、高齢や併存疾患のため手術の危険性が高く、手術を受けることが出来ない患者さまが約40%いるとされております。

このような患者さまに対して開胸せず心臓を停止することなく、カテーテルを用いて人工弁を留置する方法として

「経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)」が開発されました。

 

tavi_bnr.jpg

 

  •  
Mitra Clip(経皮的僧帽弁カテーテル修復術治療)

外科手術が必要で何らかの理由で手術を受けられない患者さまに向けた新しい治療法です。

僧帽弁の逆流を軽減することが目的であり、胸を切開する従来の外科手術よりも体にかかる負担が少ないため、

年齢や併存症のために、これまで手術を受けることが難しかった患者さまに対しても治療が可能となります。

 

タイトルなし.png

 

​​