弁膜症外来
TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術治療)

これまで重症大動脈弁狭窄症に対する治療法は、胸を切開(開胸)し、人工心肺を用いて心臓を停止させ、

狭窄した大動脈弁を置き換える外科的大動脈弁置換術しかありませんでした。

しかし、高齢や併存疾患のため手術の危険性が高く、手術を受けることが出来ない患者様が約40%いるとされております。

このような患者様に対して開胸せず心臓を停止することなく、カテーテルを用いて人工弁を留置する方法として

「経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)」が開発されました。

 

tavi_bnr.jpg

 

Mitra Clip(経皮的僧帽弁カテーテル修復術治療)

外科手術が必要で何らかの理由で手術を受けられない患者さんに向けた新しい治療法です。

僧帽弁の逆流を軽減することが目的であり、胸を切開する従来の外科手術よりも体にかかる負担が少ないため、

年齢や併存症のために、これまで手術を受けることが難しかった患者さんに対しても治療が可能となります。

 

タイトルなし.png

 

 

​​