物忘れ外来
診療スタッフ
db3596f627e1733f417787efbb00c8aec98e0830-thumb-autox240-472.jpg
元持 雅男
脳神経外科医師
資格・専門医

日本脳神経外科学会専門医/日本脳神経外科学会指導医

その他

アルツハイマー学会/日本脳神経外科漢方医学会

診療科紹介

 認知症は決して珍しい疾患ではありません。皆さまの身近な身内の方にも認知症の患者さまが居られるかもしれません。年齢と共に認知症の割合が多くなります。認知症には、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症があります。

 

 brain.gif 

 

 上の写真は大脳といって、頭蓋内容積の殆どを占める脳の一部分です。大脳が頭部外傷も含む色々な原因で侵襲されますと、大なり小なり認知機能の障害を来す結果となります。認知症と誤診されて居られる患者さまの中にも、認知機能障害が治る可能性のある疾患、例えば慢性硬膜下血種、常圧性水頭症、高齢者てんかんも含まれています。従って、認知症に関しては特に、出来るだけ早期に正確な診断が必要です。慢性硬膜下血種、常圧性水頭症に対しては比較的簡単な手術を行うことがあります。

 診断にはリハビリテーションセンターの作業療法士がHDS-R,MMSE-Jなどの認知機能テストに関わります。症例によって、CT、MRI、MIBG心筋シンチグラフィーを使い分けます。レビー小体型認知症(パーキンソン病も含めて)RIを用いてのMIBG心筋シンチグラフィーは当院で検査可能であります。

 治療には、出来るだけ症状を軽くして、進行速度を遅らせるために薬を用いたり、生活指導、リハビリテーションなどを行います。認知症になれば、患者さまご本人とその家族の方々にとって精神的、経済的、身体的負担が大きくなります。これらの負担も和らげ、出来るだけ生き甲斐、幸福感を持って生活を続けるべきです。これには、介護保険の認定を受けて、これを上手に利用する手立てがあります。

 物忘れ外来では、医療ソーシャルワーカーとも協力をして可及的早期に介護認定を受け、利用にあたっての相談も行っております。お気軽にご相談に来てください。お待ちしております。

 

 

 

​​