巻き爪外来 〔保険外診療〕

2024年5月より巻き爪のワイヤー治療を開始致します。巻き爪でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

以下に当院での治療を簡単にご紹介します。

巻き爪とは

爪が過度に彎曲してしまった状態のことで、歩行時などに痛みを生じます。

巻き爪には『不適切な靴の使用』や『深爪』、『外傷』、『白癬』など様々な原因があり、状態が悪化すると爪が皮膚に食い込んでしまい、化膿して強い痛みを生じることもあります。

当院で行う治療

できる限り患者さまの手間や負担にならず、制限も少ない治療法として、当院では『VHO式矯正技術』を採用しています。

この方法では爪にワイヤーを固定して巻き爪を矯正しますが、ワイヤーを固定する際の痛みや出血はなく、固定後の入浴や運動も可能です。

治療の流れ

1、爪の形状と横幅に合わせて作成したワイヤーを爪の左右の縁に引っ掛けます。

2、引っ掛けたワイヤー同士をループワイヤーで巻き上げて固定します。

3、余分なワイヤーをカットし、ジェル状の人工爪でカバーして終了です。

 

爪1.jpg arrow_color01_straight.png  爪2.jpg arrow_color01_straight.png  爪.jpg

※皮フ科シュウゾー院長 河合修三先生 ご提供

診療スケジュール
受付時間 診察開始 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜

13:30~15:00

14:00 -

-

- 大沼(予約のみ) - -

※担当医は急遽変更になることがあります。受診の際はご確認の上、ご来院ください。

休診や診療制限等のご案内は、<最新の診療スケジュールはこちら>をご確認ください。

 

診療スタッフ
形成 大沼(医長)New.jpg
大沼 眞廣
形成外科医長
資格・専門医

 

 

料金(保険外診療となります)

初診:診察のみ  ¥3,300

   診察+治療 ¥11,000

 

再診:診察のみ  ¥2,200

   診察+治療 ¥8,800

​​