耳鼻咽喉科 頭頸部外科
診療スタッフ
國部 勇
主任部長

医学博士/日本耳鼻咽喉科学会認定専門医/日本気管食道科学会認定専門医/日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医/日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/臨床研修指導医/旭川医科大学非常勤講師 身障第15条更生医療指定医(聴覚・平衡機能・音声機能・言語機能・そしゃく機能障害)

 

駒林 優樹
部長

日本耳鼻咽喉科学会専門医/日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医

診療科紹介

耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、耳、鼻、咽頭・喉頭(のど)だけでなく、顔面や頸部(くび)に関する病気も扱っています。この領域には、聴覚・味覚・嗅覚などの感覚器官に加えて、摂食・嚥下・発声など人間が人間らしく生活する上で欠かすことのできない重要な機能が数多くあります。当科ではこのような領域の疾患に対して、専門的な技術を要する耳科手術・鼻副鼻腔手術・頭頸部外科手術など幅広く対応しています。

当科における特色
耳科手術に内視鏡を導入しています

耳疾患については、中耳炎やめまいなど日常的な疾患から、聴力改善手術など高度の医療技術を要する疾患まで幅広く対応しています。鼓膜穿孔、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、中耳奇形、外リンパ瘻、耳硬化症など聴力低下をきたす疾患に対して、従来は耳の周囲の皮膚に切開を入れて聴力改善手術を行っていました。最近当科では、耳の周囲に切開を加えずに全ての手技を外耳道から内視鏡を用いて行う内視鏡下耳科手術を始めました。内視鏡を用いることで、傷が目立たず入院期間も短くすることができます(内視鏡手術の適応とならない病気もあります。まずはご相談下さい)。

 

m14_img01.png

内視鏡下耳科手術のイメージ

m14_img02.jpg

内視鏡下耳科手術の術中風景
甲状腺手術に内視鏡を導入しています

従来、甲状腺疾患に対する手術では、首の中央に5~10cm程度の皮膚切開を入れていました。しかし甲状腺疾患は女性に多く、目に見える場所に手術の傷が残ることは美容的に問題でした。そこで当科では、甲状腺腫瘍やバセドウ病に対して、頸部に傷の残らない「内視鏡下甲状腺手術」を導入しています。この手術では、鎖骨の外下方に3cm弱の皮膚切開を入れ、ここから器械を入れて皮膚を持ち上げ、内視鏡下に甲状腺を切除します。内視鏡を用いることで、傷が目立たず入院期間も短くすることができます。最近保険適応になった新しい手術ですが、内視鏡手術の適応とならない場合もありますので、まずはご相談下さい。

 

m14_img03.png

内視鏡下甲状腺手術のイメージ

m14_img04.jpg

内視鏡下耳科手術の術中風景
音声外科に対する専門治療を行っています

音声障害(声がれ)をきたす疾患として、声帯ポリープや喉頭癌などが有名です。当科では様々な音声障害をきたす疾患に対して、音声治療(リハビリ)・手術治療・放射線治療など幅広く対応しています。

また反回神経麻痺による音声障害に対しては、患者さんに発声してもらいながら声質を調節して手術することのできる喉頭枠組み手術(甲状軟骨形成術、披裂軟骨内転術)を積極的に導入しています。

さらに「けいれん性発声障害」に対する治療にも取り組んでいます。けいれん性発声障害は、神経難病疾患である局所性ジストニアの一種とされており、若年女性に多い原因不明の難治性疾患です。これまで国内外ともに、本疾患に対する根治的な治療はありませんでした。しかし平成30年4月より、けいれん性発声障害に対する「チタンブリッジによる甲状軟骨形成術Ⅱ型」が保険承認されました。当科では、北海道では非常に少ないチタンブリッジ実施医による手術が可能です。声に関して何かお困りのことがあれば、気軽にご相談下さい。

診療科実績(昨年度)
外来患者数

総数9,546名(新患2,719名、再来6,827名)

手術件数(計299件)
  • 耳科手術 51件
    (鼓室・鼓膜形成術、乳突洞削開術、外耳道真珠腫摘出術、内耳窓閉鎖術、鼓膜チューブ留置術など)
  • 鼻科手術 103件
    (内視鏡下副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨切除術、後鼻神経切断術など)
  • 扁桃手術 23件
    (扁桃摘出術、アデノイド切除術など)
  • 口腔・咽頭手術 8件
    (良性・悪性腫瘍切除、舌下腺摘出術など)
  • 喉頭手術・音声外科手術 25件
    (声帯ポリープ切除術、甲状軟骨形成術、披裂軟骨内転術、声帯筋切除術、喉頭気管分離術など)
  • 甲状腺・唾液腺手術 23件
    (甲状腺癌手術、内視鏡下甲状腺手術、バセドウ病手術、上皮小体摘出術、耳下腺・顎下腺摘出術など)
  • 気管・食道手術 28件
    (気管切開術など)
  • 頭頸部手術 25件
    (頭頸部癌手術、頸部嚢胞摘出術、深頸部膿瘍切開術など)
  • 外傷手術・その他 13件
    (鼻骨骨折・眼窩吹き抜け骨折・頰骨骨折整復術など)
​​