理念・方針
「心にとどく看護」

 

徳洲会病院の医療機関としての使命及び役割を自覚し、個人の「心にとどく看護」を目標に皆で成長できる環境作りを推進します。

看護部基本方針
  1. 病める人の人格と権利を尊重し、思いやりのある看護を提供します。
  2. 病める人が安心して医療が受けられるよう安全・安楽な環境作りをします。
  3. 医療チームと協働し、地域の人々の健康問題に積極的に関わっていきます。
  4. 医療・看護・福祉を学ぶ人々に学習効果のあがる教育の場を提供します。
  5. 研究・学習を通し臨床看護の質の向上に努めます。
  6. 職業人としての成長を図り自己キャリア開発に努めます。
平成30年度 札幌東徳洲会病院看護部目標
目標
  1. 看護専門職としての力を発揮し、看護の質の向上を図る。
  2. 教育体制を整備し、実践能力の高い看護師を育成する。
  3. スムーズな退院調整とベットコントロールにより入院ベッドの適正使用を行う。
  4. 病院経営への積極的な参画。
組織図
看護部会議・委員会組織図